「GFX 50R」と「FUJIFILM X-Pro2」の違い


富士フイルム「GFX 50R」と「FUJIFILM X-Pro2」の違いを比較しました。

「GFX 50R」は2018年9月25日に発表された富士フイルムの中判センサーを搭載したミラーレスカメラです。APS-Cセンサーを搭載した「FUJIFILM X-Pro2」と外観・スペックを比較してみました。どちらも背面左上にファインダーを搭載したレンジファインダースタイルのカメラです。

「GFX 50R」と「FUJIFILM X-Pro2」 1
「GFX 50R」と「FUJIFILM X-Pro2」の正面比較

「GFX 50R」と「FUJIFILM X-Pro2」 2
「GFX 50R」と「FUJIFILM X-Pro2」の背面比較

「GFX 50R」と「FUJIFILM X-Pro2」 3
「GFX 50R」と「FUJIFILM X-Pro2」の上部比較

「GFX 50R」と「FUJIFILM X-Pro2」 4
「GFX 50R」と「FUJIFILM X-Pro2」を重ねた比較画像。「FUJIFILM X-Pro2」が赤色です。

外観・デザイン
  • 【サイズ】
    「GFX 50R」は「FUJIFILM X-Pro2」より、幅が20.2mm、高さが13.7mm、奥行きが20.5mm、質量が245g、大きく重くなっています。「GFX 50R」は中判カメラなのでAPS-C機の「FUJIFILM X-Pro2」よりも1~2周りほど大きなサイズです。
  • 【ファインダー】
    「GFX 50R」は電子ビューファインダーを搭載しているのに対し、「FUJIFILM X-Pro2」は光学ファインダー(OVF)と電子ビューファインダー(EVF)を切り換えられる「アドバンスト・ハイブリッドビューファインダー」を搭載しています。「FUJIFILM X-Pro2」は光学ファインダー時に電子ビューファインダーの小枠を表示してピントエリアを拡大することなども可能です。
  • 【背面モニター】
    「GFX 50R」はタッチパネル対応で上下可動する2方向のチルト式モニターを搭載していますが、「FUJIFILM X-Pro2」はタッチパネル非対応の固定式モニターを搭載しています。
  • 【コネクター】
    「GFX 50R」はUSB端子に「USB Type-C」を採用しているのに対し、「FUJIFILM X-Pro2」は「マイクロUSB」の採用です。

機能・特徴
  • 【イメージセンサー】
    「GFX 50R」は中判センサー(43.8×32.9mm)を搭載しているのに対し、「FUJIFILM X-Pro2」はAPS-Cセンサー(23.5×15.6mm)を搭載しています。「GFX 50R」は約3.9倍も「FUJIFILM X-Pro2」より大型のセンサーを搭載することで、高感度性能や階調表現、ボケ描写など画質面で優れた撮影が可能です。「GFX 50R」はフルサイズの大きさで撮影する「35mmフォーマットモード」が利用できます。
  • 【オートフォーカス】
    「GFX 50R」はコントラストAFのみの対応ですが、「FUJIFILM X-Pro2」はコントラストAFと像面位相差AFに対応した「インテリジェントハイブリッドAF」が使用できます。「FUJIFILM X-Pro2」は動きが素早い被写体にも追従性が高いオートフォーカスで撮影できます。
  • 【動画機能】
    「GFX 50R」はフルHD(1920×1080) 30pの動画性能ですが、「FUJIFILM X-Pro2」はファームウェア更新後に4K(3840×2160) 30pやフルHD(1920x1080) 60pの撮影が可能です。
  • 【Bluetooth】
    「GFX 50R」は「Bluetooth」機能に対応していますが、「FUJIFILM X-Pro2」は非対応です。「GFX 50R」はアプリ「FUJIFILM Camera Remote」を介してスマートフォンと接続し、位置情報サーチ、リモート撮影、撮影した画像の閲覧・転送などを行うことができます。


「GFX 50R」と「FUJIFILM X-Pro2」のスペック違いを比較
製品名富士フイルム GFX 50R富士フイルム FUJIFILM X-Pro2
発売日2018年11月2016年03月03日
価格50万円前後18万円前後
シリーズFUJIFILM GFXシリーズFUJIFILM Xシリーズ
マウントフジフイルムG系マウントフジフイルムX系マウント
センサー中判(43.8×32.9mm CMOS)APS-C(23.5×15.6mm X-Trans CMOS III)
ローパスフィルター○(予想)レス仕様
ダスト除去機能
画像処理エンジンX-Processor Pro
画素数5140万有効画素2430万有効画素
最大記憶画素数8256×6192px6000×4000px
ISO常用:100~12800、拡張:50~102400常用:200~12800、拡張:100~51200
連写3コマ/秒8コマ/秒
連続撮影可能コマ数非圧縮RAW:8枚、JPEG:エンドレス非圧縮RAW:27枚、可逆圧縮RAW:33枚、JPEG:83枚
オートフォーカス方式コントラストAFコントラストAF+像面位相差AF(インテリジェントハイブリッドAF)
AF測距点117点(425点)ファームウェア更新後 シングルポイントAF:325点(25x13)、ゾーンAF:91点(13x7)
ファインダー有機EL 0.5型 (約369万ドット/視野率100%/倍率0.77倍)、アイセンサーアドバンスト・ハイブリッドビューファインダー (0.48型/約236万ドット/視野率100%)、ファインダー倍率:OVF約0.36倍/約0.60倍、EVF0.59倍
モニター3.2インチ (236万ドット)3インチ (162万ドット)
可動式モニター2方向チルト式固定式
タッチパネル○(4方向フリックファンクション機能)
シャッタースピード1/4000~4秒1/8000~30秒
フラッシュ同調1/125秒1/250秒
電子先幕シャッター1/4000~4秒
電子シャッター1/16000~4秒1/32000~1秒
サイレントシャッター○(予想)
セルフタイマー2、10秒
バルブ撮影最長60分
撮影枚数400コマEVF:250コマ、OVF:350コマ
RAWRAF:14bit(非圧縮)
JPEG
TIFF
RAW+JPEG
カメラ内RAW現像
動画フルHD (1920×1080) 30pフルHD (1920x1080) 60p、ファームウェア更新後に4K動画に対応予定
ハイフレームレート
ファイル形式MOV
動画機能フィルムシミュレーション、ACROSのモノクロ動画、クラシッククロームのドキュメンタリー調動画フィルムシミュレーション、ACROSのモノクロ動画(予想)、クラシッククロームのドキュメンタリー調動画
手ぶれ補正
内蔵フラッシュ
防塵防滴仕様防塵・防滴・-10℃耐低温性能
水準器
顔認識○(瞳AFにも対応)
Wi-Fi
NFC
GPS
Bluetooth
USB充電/給電未確認
メモリーカードデュアルSDスロットカード(SDXC UHS-II対応)デュアルSDスロットカード(スロット1:UHS-II、スロット2:UHS-I)
160.7mm140.5mm
高さ96.5mm82.8mm
奥行き(厚み)66.4mm(最薄部46mm)45.9mm(最薄部34.8mm)
重さ690g、775g(総重量)445g、495g(総重量)
マグネシウム合金
バッテリーグリップ
バッテリーNP-T125NP-W126
ソフトウェアCapture One Pro/Capture One Pro FUJIFILM(別売り)、Capture One Express FUJIFILM/FUJIFILM X RAW STUDIO(無償)
インターフェイスUSB Type-C、HDMIマイクロ(タイプD)、2.5mmマイク/リモートレリーズ端子USB2.0、HDMIマイクロ(タイプD)、2.5mmマイク/リモートレリーズ端子
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

GFX 50R

FUJIFILM X-Pro2

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する