「AQUOS R2」と「HUAWEI P20 Pro」の違い


シャープ「AQUOS R2 (アクオス・アール2)」とファーウェイ「HUAWEI P20 Pro (ファーウェイ・p20・プロ)」の違いを比較しました。

「AQUOS R2」は2018年5月10日にソフトバンク、5月14日にau(SHV42モデル)、5月16日にドコモ(SH-03Kモデル)から発表されたシャープのスマートフォンです。「HUAWEI P20 Pro」は2018年5月16日にドコモから発表されました。どちらもフラッグシップモデルなので外観・スペックを比較してみました。
※ソフトバンクの「AQUOS R2」に「ブルーシルバー」と「ピンクゴールド」が追加されることが2018年10月11日に発表されました。

「AQUOS R2」と「HUAWEI P20 Pro」 1
「AQUOS R2」と「HUAWEI P20 Pro」の正面比較

「AQUOS R2」と「HUAWEI P20 Pro」 2
「AQUOS R2」と「HUAWEI P20 Pro」の背面比較

外観・デザインの違い
  • 【ディスプレイ形状】
    「AQUOS R2」と「HUAWEI P20 Pro」はどちらもノッチ(画面上部の切り欠き)を設置したベゼルレス・デザインのディスプレイを搭載しています。「AQUOS R2」はインカメラを画面内に収めた「EDGEST fit(エッジスト・フィット)」と呼ばれる三辺の狭額縁設計なのに対し、「HUAWEI P20 Pro」はインカメラ以外にもセンサーとレシーバーをノッチ部分に設置した「フルビューディスプレイ」を採用しています。どちらもディスプレイ4隅が丸くなったラウンド形状で、縦に長いディスプレイ比率です。
  • 【ディスプレイ性能】
    「AQUOS R2」は応答速度が高速な100Hz駆動(1秒間の画面更新回数)のハイスピードIGZOディスプレイを搭載し、スマートフォンとして初めてHDR映像の「Dolby Vision(ドルビービジョン)」と立体音響技術の「Dolby Atmos(ドルビーアトモス)」両方に対応しています。「HUAWEI P20 Pro」は有機ELディスプレイを搭載することで、液晶と比べて高コントラストで高い解像度や広色域に対応するなど画質面で優れています。「Dolby Atmos」は「HUAWEI P20 Pro」も対応しています。
  • 【ヘッドホンジャック】
    「AQUOS R2」は3.5mmヘッドホンジャックが搭載されていますが、「HUAWEI P20 Pro」は非搭載です。「HUAWEI P20 Pro」はUSB Type-Cの変換アダプターを使用することでヘッドホンジャックが使用できます。

機能の違い
  • 【「AQUOS R2」のカメラ】
    「AQUOS R2」は背面に「AQUOS twin camera」と呼ばれるデュアルカメラを搭載しています。片方の標準カメラは静止画撮影用、もう片方は動画撮影用のカメラです。2つのカメラとAI機能を利用することで、動画を撮影しながら被写体が顔を向いた瞬間を自動で静止画撮影できる「AIライブシャッター」や、「AIライブシャッター」で撮影した前後10秒のショートムービーが作れる「あとからキャプチャー」、シーンの自動判別機能などが利用できます。画面内の正面カメラは、視線を誘導して視線ズレを防いだセルフィー撮影ができる「アイキャッチセルフィー」が利用できます。
  • 【「HUAWEI P20 Pro」のカメラ】
    「HUAWEI P20 Pro」は背面に「4000万画素のカラーセンサーカメラ」「2000万画素のモノクロセンサーカメラ」「800万画素の望遠レンズを採用したカラーセンサーカメラ」が搭載されています。トリプルカメラを使い分けることで、光学3倍ズームや5倍ハイブリッドズームとしての使用も可能です。メインカメラは1/1.7型サイズの大型センサーを搭載し、IS0 102400まで対応することができるので暗闇でも被写体を写すことができます。レンズはライカと共同開発したライカブランドのレンズで、ズームレンズを意味する「VARIO-SUMMILUX-H 1:1.6-2.4/27-80 ASPH.」を搭載しています。
  • 【外部メモリー】
    「AQUOS R2」は400GBまでのmicroSDXCカードが使用できますが、「HUAWEI P20 Pro」は外部メモリーに非対応です。しかし、内部メモリーは「AQUOS R2」が64GBなのに対し、「HUAWEI P20 Pro」は128GBです。
  • 【その他】
    「AQUOS R2」はクアルコムのハイエンドSoC「Snapdragon 845」を搭載していますが、「HUAWEI P20 Pro」はファーウェイ製のAI機能に対応したプロセッサー「Kirin 970」を搭載しています。「AQUOS R2」は静止画表示時のバッテリー消費を抑える「液晶アイドリングストップ」や、高い色再現性により色鮮やかな映像が可能な「リッチカラーテクノロジーモバイル」と「デジタルシネマ標準規格DCI」に対応しています。



「AQUOS R2 (SHV42、SH-03K)」と「HUAWEI P20 Pro (HW-01K)」のスペック違いを比較
製品名シャープ AQUOS R2ファーウェイ HUAWEI P20 Pro
発売日2018年06月08日2018年06月15日
キャリアドコモ、ソフトバンク、auドコモ
価格9万円台10万円台
シリーズアクオスフォン(AQUOS PHONE)ファーウェイP(HUAWEI P)
発売時のOSAndroid 8.0Android 8.1、Emotion UI 8.1
連続通話時間(ドコモモデルの比較)4G LTE:約1770分、3G:約1300分、GSM:約1180分4G LTE:約920分、3G:約920分、GSM:約910分
連続待受時間(ドコモモデルの比較)4G LTE:約530時間、3G:約590時間、GSM:約500時間4G LTE:約330時間、3G:約360時間、GSM:約240時間
CPU(プロセッサー)Snapdragon 845 (SDM845) オクタコア、4x2.6GHz+4x1.7GHzHUAWEI Kirin 970 オクタコア、4x2.4GHz+4x1.8GHz
外部メモリーmicroSDXC(400GB)-(USB Type-C microSDカードリーダライター同梱)
内部メモリー64GB UFS128GB
RAM4GB6GB
バッテリー容量3130mAh3900mAh
対応充電Quick Charge 3.0HUAWEI スーパーチャージ
防水・防塵機能IPX5/IPX8、IP6XIPX7、IP6X(IP67)
セキュリティ(生体認証)指紋認証センサー(正面に設置)指紋認証センサー(正面に設置)、顔認証
ホームボタン/ホームキー指紋センサー
モニター/画面解像度6.0インチ、WQHD+(3040x1440ドット)、比率19:96.1インチ、フルHD(2240x1080ドット)、408ppi、比率18.7:9
液晶パネルハイスピードIGZO 100Hz駆動有機EL OLED、FullViewディスプレイ
HDR動画再生対応○(HDR10、VP9、バーチャルHDR対応)
Wi-FiIEEE 802.11 a/b/g/n/ac
受信時最大988Mbps(ドコモ)、958Mbps(au)、774Mbps(ソフトバンク)988Mbps(ドコモ)
送信時最大75Mbps(ドコモ)、112.5Mbps(au)、37.5Mbps(ソフトバンク)75Mbps(ドコモ)
NFC(おサイフケータイ/FeliCa)
Bluetooth○(5.0)○(4.2)
GPS
テレビワンセグ・フルセグ
ハイレゾ
画素数(背面/アウトカメラ)2260万画素 90° 22mm F1.9(静止画用)+1630万画素 超広角135° 19mm F2.4(動画用)4000万画素 1/1.7型 27mm F1.8(RGBカラー)+2000万画素 27mm F1.6(モノクロ)+800万画素 80mm F2.4(望遠)
手ブレ補正静止画用は光学式、動画用は電子式手ブレ補正電子式手ブレ補正(EIS)+光学式手ブレ補正(OIS)を組み合わせた「AI手ブレ補正(HUAWEI AIS)」
動画4K(3840x2160)
スローモーション動画960fps
画素数(正面/インカメラ)1630万画素 F2.02400万画素 F2.0
コネクターUSB Type-C
ヘッドホンジャック-(USB Type-Cの変換アダプターで対応)
その他Dolby AC-4、のぞき見防止ブロック、裏面照射積層型センサーAI機能、PCモード、VARIO-SUMMILUX-H 27-80mm F1.6-2.4 ASPH.、裏面照射型センサー
74mm
高さ156mm155mm
奥行き9mm(カメラ部に出っ張りあり)7.9mm(カメラ部に出っ張りあり)
重さ181g180g
カラープレミアムブラック、プラチナホワイト、ローズレッド(ソフトバンク)、アクアマリン(au)、コーラルピンク(ドコモ)ミッドナイトブルー、ブラック
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

AQUOS R2

HUAWEI P20 Pro

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する