リコー、コンパクトデジタルカメラ「GR」のファームウェアを23日に更新


ペンタックス・リコー(Pentax Ricoh)


リコーは、コンパクトデジタルカメラ「GR」の最新ファームウェアを23日に公開しました。



GR ファームウェア バージョン3.00
・[撮影設定]の[エフェクト]に、[かすか]が追加。
・[キーカスタム設定]に、[AFLフォーカス設定]が追加。
AFボタンを利用したときの動作を[マルチAF][スポットAF][ピンポイントAF]から選択できる。
・[セットアップ]メニューに[周辺光量]が追加され、[オリジナル][ノーマル]から選択できる。
[オリジナル]を選択すると、銀塩GRと同程度の周辺光量で撮影できる。
・[セットアップ]メニューに、[フォルダ名設定]が追加。
[連番][撮影日]から選択できる。
・[セットアップ]メニューの[ISO感度ステップ設定]が[1/3EV]に設定されている場合、[切り替えシャッタースピード]の設定値が1/3EVステップになる。
・[再生設定]メニューの[RAW現像]に、[アスペクト比]が追加。
3:2で撮影されたRAW画像を現像する際に、アスペクト比を[3:2][4:3][1:1]から選択できる。
ダウンロード:RICOH GR 用ファームウェア バージョン3.00
リコー:RICOH GRリコー:GR Limited Edition
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

売れ筋ランキング