ソニー、世界最軽量のAPS-Cミラーレスカメラ「α5000」を2月7日に発売



ソニーは、APS-Cサイズのセンサーを搭載したミラーレスカメラで世界最軽量の「α5000」を2月7日に発売すると発表しました。



「α5000」の特徴
・有効画素数2010万画素のAPS-CサイズCMOSセンサーを搭載。
・2014年1月22日時点でAPS-Cサイズのイメージセンサー搭載のレンズ交換式デジタルカメラにおいて世界最軽量。
・Wi-Fi機能とNFCを搭載。
・自分撮りがしやすい180度チルト可動式液晶。
・アプリケーションダウンロードサービスPlayMemories Camera Appsに対応。
・大きさ、約109.6(幅)x 62.8(高さ) x 35.7(奥行き)mm。
・重さ、約269g(バッテリーとメモリースティックPROデュオを含む)、210g(本体のみ)。

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

売れ筋ランキング