「24-70mm F2.8 DG OS HSM」は「24-105mm F4 DG OS HSM」を超える高解像度レンズになっているようです。(CP+2017)


パシフィコ横浜で開催している「CP+2017」シグマブースに行ってきた記事を掲載しています。

シグマブースはどこか「和」を意識したような独特な形状のブースでした。
「CP+2017」シグマブース 1

映像制作用と思われる機材も展示されています。
「CP+2017」シグマブース 2

セミナーも開催されています。シグマブースは他のブースより若い人が多かったと思います。
「CP+2017」シグマブース 3

発表されたばかりの4本のレンズも展示されていました。「14mm F1.8 DG HSM | Art」だけはケース内展示なのでタッチ・アンド・トライはできません。シグマブースではシグマ用とキヤノン用の2タイプが展示されていました。
「CP+2017」シグマブース 4

「100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary」と「14mm F1.8 DG HSM | Art」は撮影するのを忘れてしまいましたorz
「CP+2017」シグマブース 5

「24-70mm F2.8 DG OS HSM | Art」は一番人気で試すまで10~20分ぐらい時間が掛かりました。「24-105mm F4 DG OS HSM」と比較してオートフォーカスが快適になり、音も小さくなっています。シグマの方に質問すると、オートフォーカスは新しいものになり良くなっているとのことです。
「CP+2017」シグマブース 6

画質は「24-105mm F4 DG OS HSM」と比較してどうか聞くと、焦点距離やF値が違うレンズと前置きした上で「24-70mm F2.8 DG OS HSM | Art」のほうが良好とのことです。買い替えする価値が充分あるレンズとのことです。「24-70mm F2.8 DG OS HSM | Art」はシグマとは思えないほどコンパクトに収まっているのでサイズについて聞くと、このサイズで求めていた画質を得られることができたとのことです。Artレンズは無理矢理大きくしているのではなく、そのレンズで求めている光学系を追い求めたら大きなサイズになっていたとのことです。混雑していたので画質はじっくり試せませんでしたが、「24-70mm F2.8 DG OS HSM | Art」はかなり良いレンズだと思いました。
「CP+2017」シグマブース 7

参考になれば幸いです。
ライター:kou
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

14mm F1.8 DG HSM | Art

24-70mm F2.8 DG OS HSM | Art

100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary

135mm F1.8 DG HSM | Art

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する