キヤノン、デジタル一眼レフカメラ「EOS 5D Mark III」のファームウェアを30日に更新



キヤノンは、デジタル一眼レフカメラ「EOS 5D Mark III」の最新ファームウェアを30日に公開しました。



EOS 5D Mark III ファームウェア Version 1.2.3
・ストロボ撮影で、シャッターボタンを押すタイミングによりストロボが発光しないことがある現象を修正。
・AFマイクロアジャストメントの値が “-8” などに変わってしまう現象を修正。
・液晶モニターの表示で、コントラスト差が大きい境界部に偽色の線が出る現象を修正。
・HDMIケーブル接続時にライブビューのヒストグラムが正しく表示されない現象を修正。
・HDMIケーブル接続時にカメラの液晶モニターの明るさを変更できるようになる。
ダウンロード:Canon EOS 5D Mark III 用ファームウェア Version 1.2.3 (Windows)ダウンロード:Canon EOS 5D Mark III 用ファームウェア Version 1.2.3 (Macintosh)
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

売れ筋ランキング