オリンパス、ズーム全域でF2.8のコンパクトデジタルカメラ「OLYMPUS STYLUS 1」を11月下旬に発売



オリンパスは、ズーム全域でF2.8を実現したコンパクトデジタルカメラ「OLYMPUS STYLUS 1」を11月下旬に発売すると発表しました。



「OLYMPUS STYLUS 1」の特徴
・有効画素数1200万画素の1/1.7型CMOSセンサーを搭載。
・35mm判換算で焦点距離28-300mm相当のレンズを採用、ズーム全域でF2.8を実現。
・大型・高画質・高精細なEVFを内蔵。
・Wi-Fiを内蔵。
・5cmまでの近接撮影が可能なスーパーマクロ。
・自動開閉式レンズキャップを標準で付属。
・大きさ、約116(幅)x 87(高さ) x 56.5(奥行き)mm。重さ、約402g。
http://www.olympus.co.jp/jp/news/2013b/nr131029stylus1j.jsp
11月下旬発売予定:OLYMPUS STYLUS 1
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

売れ筋ランキング