ソニー、ロックオンAF機能を搭載した「α58」・交換レンズ「DT 18-55mm F3.5-5.6 SAM II SAL18552」を8月9日に発売



ソニーは、合焦精度が向上したデジタル一眼カメラ「α58」とAマウント用のズームレンズ「DT 18-55mm F3.5-5.6 SAM II SAL18552」を8月9日に発売すると発表しました。



「α58」は、被写体の大きさを認識することで合焦精度を向上・ピントをより合わせやすくする新開発「ロックオンAF」機能を搭載。ソニー独自の「トランスルーセントミラー・テクノロジー」によって実現する「フルタイムコンティニュアスAF」を掛け合わせることで、動体撮影時に大きな効果を発揮するとしている。

販売形式は、「ダブルズームレンズキット『SLT-A58Y』(SAL18552+SAL55200-2)」「高倍率ズームレンズキット『SLT-A58M』(SAL18135)」で、ボディ単体では発売しない。価格はオープン。

「DT 18-55mm F3.5-5.6 SAM II SAL18552」は、後遮光窓の形状を見直すことで、フレア・ゴーストを抑えてより高い描写性能を実現。より滑らかなズームリング部の動作を実現したとしている。

希望小売価格は、30,000円。
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201307/13-0725/
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

売れ筋ランキング