コシナ、「ULTRA WIDE-HELIAR 12mmF5.6 Aspherical III」のEマウントとVMマウントを発売


コシナは、「ULTRA WIDE-HELIAR 12mmF5.6 Aspherical III」のEマウント用とVMマウント用を発売すると発表しました。

  • コシナは、「ULTRA WIDE-HELIAR 12mmF5.6 Aspherical III E-Mount」と「ULTRA WIDE-HELIAR 12mmF5.6 Aspherical III VM」を発売する

E-12mm
  • コシナは、「ULTRA WIDE-HELIAR 12mmF5.6 Aspherical III E-Mount」を発売する
  • 35mmフルサイズに対応したソニーEマウント用レンズ
  • 電子接点搭載を搭載し、Exif情報やカメラボディ側の5軸手ブレ補正、ファインダー拡大表示に対応
  • 非球面レンズの採用により、ディストーション(歪曲)を徹底的に排除
  • 滑らかな操作感覚のフォーカシングを実現した、マニュアルフォーカス専用レンズ
  • 最短撮影距離は30cm
  • クリック音を発生させずに絞りリングを無段階で開閉させることができる絞り切り替え機構を搭載
  • 発売日と価格は、8月発売予定で11万7000円前後

ULTRA WIDE-HELIAR 12mmF5.6 Aspherical III E-Mount
ULTRA WIDE-HELIAR 12mmF5.6 Aspherical III E-Mount

基本仕様
レンズマウントソニーEマウント系タイプ単焦点
焦点距離12mmAF/MFMF:○
レンズ構成10群12枚絞り羽根枚数10枚
最短撮影距離0.3m最大撮影倍率
絞りF5.6~22画角121度
フィルターサイズ不可対応センサーフルサイズ
手ブレ補正機能フード一体式
最大径×長さ67.4×68.3mm重さ350g

vm-12mm3
  • コシナは、「ULTRA WIDE-HELIAR 12mmF5.6 Aspherical III VM」を発売する
  • 35mmフルサイズに対応したMマウント機に装着できるVMマウント対応レンズ
  • 周辺部の色被りを解消すべく、センサーへの入射光線角度を最適化した光学設計を採用
  • 被写界深度が非常に深いパンフォーカス撮影が可能
  • マウントアダプターを使用してミラーレスカメラに装着すれば、距離計の連動最短撮影距離0.7mを超えて0.5mまでピント合わせが可能
  • 距離計連動システムを搭載
  • 発売日と価格は、9月発売予定で10万円前後

ULTRA WIDE-HELIAR 12mmF5.6 Aspherical III VM
ULTRA WIDE-HELIAR 12mmF5.6 Aspherical III VM

基本仕様
レンズマウントVMマウント系タイプ単焦点
焦点距離12~12mm
12~12mm(35mm判換算)
AF/MFMF:○
レンズ構成10群12枚絞り羽根枚数10枚
最短撮影距離0.5m最大撮影倍率
絞りF5.6~22画角121度
フィルターサイズ不可対応センサーフルサイズ
手ブレ補正機能フード一体式
最大径×長さ64.8×58.4mm重さ283g

コシナは「12mm F5.6」以外にも、「10mm F5.6」や「15mm F4.5」の超広角レンズを発表しています。

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

ULTRA WIDE-HELIAR 12mmF5.6 Aspherical III

売れ筋ランキング