撮像面マーク(距離基準マーク)とは


撮像面マーク(距離基準マーク)とは

撮像面マーク(距離基準マーク)について掲載しています。

撮像面(さつぞうめん)マークとは、カメラに設置された撮像素子(イメージセンサー)の位置を示すマークです。ほとんどのレンズ交換式カメラの上部にある「Φ」の記号で、その位置の下部に撮像素子があることを示しており、フィルムカメラの場合はフィルム位置を示しています。実際には、撮像面マークが撮像素子の上に記載されることはほとんどなく、撮像面マークの左または右のラインに撮像素子が設置されています。

撮像面マークは距離基準マークとも呼ばれることがあり、マクロ撮影をする際などの最短撮影距離を確認する場合に使われます。

撮像面マーク
撮像面マーク
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

撮像面マーク

距離基準マーク

売れ筋ランキング