ソニー、APS-Cミラーレスの最上位「α6300」を3月11日に発売


ソニーは、APS-Cセンサー搭載のミラーレスカメラで最上位機種の「α6300」を3月11日に発売すると発表しました。

世界最速0.05秒AFを実現 世界最多425点位相差AFセンサーで一瞬の動きを高精度に捉え続ける『α6300』 | プレスリリース | ソニー
  • ソニーは、APS-Cセンサー搭載のソニー製ミラーレスカメラ最上位「α6300」を発売する
  • 海外では2016年2月4日に発表済み
  • 世界最速0.05秒の高速AFを実現(APS-Cカメラで、EPZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS装着時に測定)
  • 世界最多425点全面位相差AFセンサーを搭載。イメージセンサーの画面ほぼ全域に配置
  • 「高密度AF追従テクノロジー」により「α6000」の約7.5倍の高密度の測距点で被写体を捕捉
  • オートフォーカスシステム「4D FOCUS」により、高精度で高速応答性・追従性に優れた総合力の高いAF性能を実現
  • オートフォーカス追従時に最高約8コマ/秒の連写を実現、速度優先時の高速連写は最高11コマ/秒
  • 瞳AF機能はAF-Cモードにも対応
  • 内蔵ファインダーは高コントラスト・高解像度のXGA OLED Tru-Finderを搭載。ファインダー上に高フレームレート(120fps)で滑らかにライブビュー表示できるモードの追加
  • ISOは静止画時に最高ISO 51200(拡張)、動画時は最高ISO 25600
  • スーパー35mmフォーマットで高解像度4K動画の本体内記録が可能。4K(QFHD:3840×2160)映像に必要な画素数の約2.4倍(6K相当)の豊富な情報量を活用して4K映像を出力(24p記録時に約2.4倍、30p記録時は約1.6倍)
  • 4K動画は全画素読み出し・画素加算や間引きなし
  • 動画撮影時のファストハイブリッドAF速度が「α6000」と比較して最大約2倍の高速化
  • S-Log3、S-Log2ガンマの採用で、白とび、黒つぶれを抑え広いダイナミックレンジ(1300%)で撮影可能。色域はソニーが定義するS-Gamut、S-Gamut3、S-Gamut3.Cineに対応
  • サイレント撮影機能を搭載
  • マグネシウム合金の採用により高い堅牢性を実現
  • 防塵・防滴に配慮した構造
  • 耐久性に配慮した高剛性のマウント構造
  • 価格はボディ単体が13万円前後、「E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS」のズームレンズキットが14万5000円前後

基本仕様
レンズマウントソニーEマウント系センサーAPS-C
23.5×15.6mm Exmor CMOS
画素数2500万総画素
2420万有効画素
連写11コマ/秒
ISO感度100~25600(標準)
100~51200(拡張)
モニター3インチ
92.16万ドット
シャッタースピード1/4000~30秒撮影枚数350枚
静止画フォーマットRAW:14bit
JPEG:○
RAW+JPEG同時撮影:○
動画4K(3840x2160)
30fps
可動式モニターチルト内蔵フラッシュ
ネットワークWi-Fi:○
NFC:○
記録メディアSDカード:○
SDHCカード:○
SDXCカード:○
メモリースティックDUO:○
幅×高さ×奥行き120×66.9×48.8mm重さ361g (本体のみ)
404g (総重量)

海外ではすでに発表済みでしたが、日本でも正式発表されました。AF性能だけでなく動画機能も大きく向上している印象です。「α6000」が6万円前後なので「α6300」はその倍の価格になるようですね。

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

α6300

売れ筋ランキング