「D500」と「D300S」の違い


「D500」と「D300S」の違いについて比較しました。

  • 「D500」は、約6年7ヶ月ぶりの発売される「D300S」の後継機です。連写機能だけでなく動画機能も向上したDXフォーマット(APS-C)の最上位機種に相応しいスペックアップが図られています

正面:D500 vs. D300S
正面:D500 vs. D300S

背面:D500 vs. D300S
背面:D500 vs. D300S

上面:D500 vs. D300S
上面:D500 vs. D300S

外観・デザイン
  • 【内蔵フラッシュの省略】
    D300Sはフラッシュが内蔵されていましたが、D500は省略されています
  • 【チルト液晶モニター】
    D300Sは固定式モニターでしたが、D500はチルト液晶になりタッチパネルにも新たに対応しています
  • 【丸型ファインダー】
    D500はD300Sからファインダー形状が変更され、丸型のファインダー(アイピース)になっています。ファインダー倍率はD300Sの0.94倍から、1.0倍に向上して広い視野角を実現しています
  • 【バッテリーの変更】
    D300Sは「Li-ionリチャージャブルバッテリー EN-EL3e」を使用していましたが、D500は現在発売されているニコンカメラの多くが使用している「Li-ionリチャージャブルバッテリー EN-EL15」に変更されました。D500の撮影可能コマ数は1240枚と非常に多く、電池寿命を気にせず撮影することができます
  • 【記憶メディアの変更】
    D300SはSDカード(SDHCまで対応)とCFカード(コンパクトフラッシュカード)のダブルスロットでしたが、D500はSDカード(SDXCまで対応)とXQDカードのダブルスロットに変更されています
  • 【ホールド性の向上と軽量化】
    D500とD300Sは幅と高さがほぼ同じですが、奥行きは7mmほどD500が増しています。D500はグリップがより深くなりホールド性が増しました。また、重さはD300Sの840gから80g軽くなった760gになり、モノコック構造ボディで高い耐久性も実現しています

追加した機能
  • 【電子手ブレ補正】
    動画時のみですが、3方向の手ブレを軽減する電子手ブレ補正が搭載されています
  • 【Wi-Fi、NFC、Bluetoothに対応】
    D500は新たにWi-FiとBluetoothを内蔵し、NFCに対応しています。Bluetoothを利用した新画像共有アプリケーション「SnapBridge」によりスマートフォンに画像を自動転送することなどができます
  • 【フリッカー低減機能】
    D500にはちらつきを抑えるフリッカー低減機能が静止画撮影でも動画撮影でも使用できます
  • 【電子先幕シャッター】
    D500にはミラーアップ撮影時に電子先幕シャッターが使用できます。ブレを抑えたい時などに有効に利用できます
  • 【2点拡大表示】
    D500にはライブビュー時に2箇所を同時に拡大して水平合わせができる2点拡大表示機能が搭載されています
  • 【RAWサイズの選択】
    D500はRAWサイズが「L」「M」「S」から選択できます。「M」と「S」は12ビット記録ロスレス圧縮です

向上した機能
  • 【描写力の向上】
    D300Sは有効画素数1230万画素でしたが、D500は新開発した有効画素数2088万画素のCMOSセンサーを搭載しています。光学ローパスフィルターレス仕様で、画像処理エンジンはプロフェッショナルモデルの「D5」と同じ「EXPEED 5」を搭載しています
  • 【高感度性能の向上】
    画像処理エンジン「EXPEED 5」により高感度性能も向上しています。D300Sは常用200~3200・拡張100~6400でしたが、D500は常用100~51200・拡張50~1640000と大幅な性能向上をしています
  • 【連写性能の向上】
    D300Sは連写性能が約7コマ/秒でしたが、D500は約10コマ/秒の高速連続撮影に対応しています。14ビット記録ロスレス圧縮RAWで最大200コマまで撮影可能です
  • 【オートフォーカス性能の向上】
    D300Sはフォーカスポイントが51点でしたが、D500は153点まで大幅に増えています。クロスタイプセンサーも15点から99点まで増え、ニコンデジタル一眼レフカメラ史上最強の被写体捕捉力と謳われるほどのオートフォーカス性能に向上しています
  • 【モニター解像度の向上】
    D300Sは92万ドットでしたが、D500は236万ドットに向上してより見やすい高解像度液晶モニターになっています
  • 【4K動画に対応】
    D300SはHD動画(1280×720)24fpsの動画性能でしたが、D500はフルHDで60pに対応し、更に最長29分59秒まで撮影できる4K UHD(3840×2160)30pに対応しています

カメラ名D500D300S
発売日2016年03月31日2009年08月28日
タイプデジタル一眼レフ
マウントニコンFマウント系
センサーAPS-C(23.5×15.7mm CMOS)APS-C(23.6×15.8mm CMOS)
画素数2151万総画素
2088万有効画素
1310万総画素
1230万有効画素
ISO感度100~51200(標準)
50~1640000(拡張)
200~3200(標準)
100~6400(拡張)
連写10コマ/秒7コマ/秒
ファインダーペンタプリズム (100%/1倍)ペンタプリズム (100%/0.94倍)
モニター3.2インチ (236万ドット)3インチ (92万ドット)
シャッタースピード30~1/8000秒
セルフタイマー2、5、10、20秒
撮影枚数1240枚950枚
静止画フォーマットRAW:12bit、14bit
JPEG:○
TIFF:○
RAW+JPEG同時撮影:○
動画4K (3840×2160)
30fps
HD (1280×720)
24fps
手ぶれ補正機構動画:電子手ブレ補正
内蔵フラッシュ
防塵・防滴構造
ゴミ取り機能
可動式モニターチルト
pictbridge
タッチパネル
顔認識
バルブ撮影
ネットワークWi-Fi:○
NFC:○
Bluetooth:○
記録メディアSDカード:○
SDHCカード:○
SDXCカード:○
XQDカード:○
SDカード:○
SDHCカード:○
CFカード:○
幅×高さ×奥行き147×115×81mm147×114×74mm
重さ760 (本体のみ)
860g (総重量)
840 (本体のみ)
バッテリーEN-EL15EN-EL3e
インターフェースUSB3.0(Micro-B端子)、HDMI(Type C)USB2.0、HDMIミニ

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

D500

D300S

比較

売れ筋ランキング