オリンパス、「OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II」の不具合を修正するファームウェアVer.2.1を12月3日に公開


オリンパスは、「OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II」の最新ファームウェアVer.2.1を12月3日に公開しました。

フォーサーズシステム ファームウェアアップデート | オリンパス
  • オリンパスは、ミラーレスカメラ「OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II」の最新ファームウェアVer.2.1を公開した
  • ファームウエアVer2.0で発生する可能性がある、以下の現象を修正
    - OLYMPUS Capture Ver.1.1と接続して動画撮影を行なった時に、タッチAF表示が解除できない場合がある
    - 電動ズームレンズ使用時に、モニターを自分撮り位置に向けても自動的にズーム位置が広角側に移動しない場合がある

11月26日に公開されたばかりのファームウェアVer.2.0の不具合修正ファームアップのようです。Ver.2.0は、新機能5項目や操作性の改善7項目、OI.Share対応、OLYMPUS Capture対応の大型ファームウェアです。

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II

ファームウェア

売れ筋ランキング