カシオ、カメラとコントローラー部を分離「EX-FR100」を12月11日に発売


カシオは、カメラ部とコントローラー部を分離できる「EX-FR100」を12月11日に発売すると発表しました。

躍動感あるシーンを高画質で撮れる「Outdoor Recorder」 - 2015年 - ニュースリリース - CASIO
  • カシオは、カメラ部とコントローラー部を分離して撮影できる「Outdoor Recorder(アウトドアレコーダー) EX-FR100」を発売する
  • 2014年9月19日に発売されたEXILIM EX-FR10のセパレートスタイルを継承し、焦点距離21mm相当から16mm相当の超広角、画質などを向上したモデル
  • カシオは、EX-FR100の発売を機に新ジャンル「Outdoor Recorder」を立ち上げ、「EX-FR10」とともに積極的な展開を図る
  • 新たに16mm相当F2.8の超広角レンズを搭載
  • インターバル撮影機能はインテリジェントインターバルを追加。連写した画像から一枚を自動的に選んで失敗の少ない画像を残すことができる
  • 「エクシリム オートトランスファー」を搭載して、撮影した画像を自動でスマートフォンに転送
  • 「ハイライトムービー」は本格的なムービーコンテンツを自動作成
  • 高速撮影技術と高速画像処理技術を融合させた「EXILIM エンジン HS ver.3」を搭載
  • 240fpsのハイスピードムービーが撮影可能
  • 3.0型の静電容量式タッチパネル付き液晶
  • アウトドアでの使用を想定した耐衝撃・耐低温・防水・防塵性能のタフネス設計
  • カラーは、イエロー、ホワイト、ブラックの3色

「EX-FR10」はフリーアングルが撮影できるユニークなカメラとしてヒットしましたが、「EX-FR100」は後継機に相当する機種のように思えます。「EX-FR10」は21mm相当のレンズでしたが、今回は16mm相当のレンズになったのでより広い範囲が撮影できて使い勝手が良さそうですね。

基本仕様
焦点距離16mm(35mm判換算)
デジタルズーム:4倍
センサー1/2.3型
正方画素CMOS
画素数1276万総画素
1020万有効画素
モニター3インチ
92.16万ドット(タッチパネル)
撮影枚数235枚内蔵フラッシュ
静止画フォーマットJPEG:○動画フルHD(1920x1080) 30fps
HS(512x384) 240fps
ネットワークWi-Fi:○
Bluetooth
記録メディアSDカード:microSD
SDHCカード:microSDHC
SDXCカード:microSDXC
幅×高さ×奥行き60.9×154.8×38.7mm重さ214g (総重量)

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

EX-FR100

売れ筋ランキング