ソニー、「E PZ 18-105mm F4 G OSS」の最新ファームウェアVer.02を11月5日に公開


ソニーは、「E PZ 18-105mm F4 G OSS」の最新ファームウェアVer.02を11月5日に公開しました。

本体アップデート情報 | デジタル一眼カメラα(アルファ) | ソニー
  • ソニーは、APS-C用のEマウントレンズ「E PZ 18-105mm F4 G OSS SELP18105G」の最新ファームウェアVer.02を公開した
  • ズーム操作方向切り替え機能追加
  • 対応機種:本体メニュー画面において、操作方向切り替え項目がある機種にて有効
    ※2015年11月5日時点の対応機種は以下の通り
    α7R II ILCE-7RM2、α7 II ILCE-7M2、α7S II ILCE-7SM2、α7S ILCE-7S
    PXW-FS7、PXW-FS5、NEX-FS700/NEX-FS700R(最新の本体ソフトウェアで対応)

デジタル一眼以外にも、レンズ交換式のメモリーカムコーダーに対応しているようです。「E PZ 18-105mm F4 G OSS」は電動ズームを搭載しているので動画撮影には重宝しそうですね。

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

E PZ 18-105mm F4 G OSS

ファームウェア

売れ筋ランキング