オリンパスのデジタル一眼レフカメラ製品一覧


オリンパスのデジタル一眼レフカメラ製品一覧について独自にまとめました。

オリンパスのデジタル一眼レフカメラは、シリーズに「E」、交換レンズに「フォーサーズマウント」、イメージセンサーに「4/3型(約17.3mm×13mm)」を使用します。2003年10月に発売された「E-1」が初代モデルで、フルデジタル専用設計。35mm判換算で焦点距離が約2倍になることや、高いE一桁シリーズの高い防塵・防滴性能などが特徴です。2006年2月に初のライブビュー機能搭載のデジタル一眼レフ「E-330」が発売。2013年10月11日にミラーレスカメラのフラッグシップ機「OLYMPUS OM-D E-M1」が発売されたことでフォーサーズの開発は終了し、マイクロフォーサーズ(センサーサイズはフォーサーズと同じ)に移行しました。フォーサーズレンズはマイクロフォーサーズに直接取り付けできませんが、「OLYMPUS OM-D E-M1」に専用のマウントアダプターを装着することで高速でAFが可能になります。最終モデル「E-5」の販売は当面継続するとのことです。

上位機
2010
E-5

「E-3」の後継機
2007
E-3

「E-1」の後継機
2003
E-1
中位機
2008
E-30
入門機
2008
E-620
「E-500」シリーズの上位機
2008
E-520

「E-510」のマイナーチェンジモデル
2007
E-510

「E-500」の後継機
2005
E-500
「E-400」シリーズの上位機
2008
E-420

「E-410」の後継機
2007
E-410
E-300シリーズ - ペンタプリズムの突起部を無くしたモデル
2006
E-330

「E-300」の後継機
2004
E-300

※黒枠は現行品、白枠は旧製品・生産完了品です。メーカー公表とは異なる場合があります。
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

オリンパスのデジタル一眼レフカメラ製品一覧

売れ筋ランキング