オリンパス、「OLYMPUS Capture ver.1.1」を11月に公開


オリンパスは、カメラコントロールソフトウェア「OLYMPUS Capture ver.1.1」を11月に公開すると発表しました。

概要 | OLYMPUS Capture | オリンパス
  • オリンパスは、カメラコントロールソフトウェア「OLYMPUS Capture」のver.1.1を11月に公開する
  • 「E-M1 F/W version 4.0」「E-M5 Mark II F/W version 2.0」に対応
  • スーパーコンパネの表示項目がカスタマイズ可能になり、自由度が高く使いやすく進化
  • 転送速度の高速化により、よりスムーズなワークフローを実現
  • 【より充実したPCからのカメラ制御】
    デジタルシフトにより、補正効果を確認しながら、より精度の高い撮影が可能
    ライブコンポジット・ライブバルブ・ライブタイム撮影では、露出中に露出過程をPCモニターで確認可能
    カメラに搭載されている全てのブラケット撮影に対応
    ハイレゾショット・静音ショットに対応
    シネマクオリティのOM-D MOVIEの撮影に対応
  • 【そのほかの改善項目】
    シャッタースピード選択時の秒時表示の設定方式を従来表示に加えて、一覧表示を追加
    撮影画像の保存先や命名規則を簡単に設定できる「取り込み先設定」を追加
    オーバーレイ画像に透過画像(PNG)を利用可能
    ライブビュー表示の拡大倍率選択に対応
    レックビューの回転表示に対応
    仕上がりモードに「水中」を追加
    LVブーストの設定に対応
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

OLYMPUS Capture

ファームウェア

売れ筋ランキング