キヤノン、4K放送用カメラに対応「UHD-DIGISUPER 86」「UHD-DIGISUPER 90」を発売


キヤノンは、4K放送用カメラに対応した4Kフィールドズームレンズ「UHD-DIGISUPER 86」「UHD-DIGISUPER 90」を発売すると発表しました。

キヤノン:4K放送用カメラに対応し高倍率・長焦点を実現 キヤノン初の4Kフィールドズームレンズ2機種を発売
  • キヤノンは、4K放送用カメラに対応した新シリーズ「UHD-DIGISUPER」の「UHD-DIGISUPER 86」と「UHD-DIGISUPER 90」を発売する
  • 2/3型4K放送用カメラに対応する光学性能を持ちながら、高倍率・長焦点距離を達成
  • 「UHD-DIGISUPER 86」は、収差を従来のHDTV対応レンズに対して半分以下に抑え、4Kを超える解像力を持った86倍ズームのフィールドズームレンズ。焦点距離2倍のエクステンダーをレンズ本体に内蔵し、望遠端1600mmまでの撮影でも4Kを超える描写性を持った高精細な映像撮影が可能
  • 「UHD-DIGISUPER 90」は、90倍の高倍率と810mmの長焦点距離を実現。焦点距離2倍のエクステンダーをレンズ本体に内蔵し、望遠端1620mmまでの撮影でも4K放送用カメラに対応した高精細な映像撮影が可能
  • 「UHD-DIGISUPER 86」は税別1,980万円で発売日は2016年5月下旬、「UHD-DIGISUPER 90」は税別1,597万4千円で発売日は2016年2月下旬

UHD-DIGISUPER 86
UHD-DIGISUPER 90

以前に発表されて話題になったISO感度400万相当のME20F-SHと同様にキヤノンの放送・業務用映像機器なので、とても個人で購入できる価格ではありませんが、キヤノンの映像技術がどんどん向上しているのは素晴らしいですね。
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

UHD-DIGISUPER 86

UHD-DIGISUPER 90

売れ筋ランキング