キヤノン、「APS-Hサイズ約2億5,000万画素のCMOSセンサー」を開発


キヤノンは、APS-Hサイズで約2億5,000万画素のCMOSセンサーを開発したと発表しました。

キヤノン:約2億5,000万画素のCMOSセンサーを開発
  • キヤノンは、APS-Hサイズで世界最高画素数の約2億5,000万画素のCMOSセンサーを開発したと発表した
  • 回路の微細化や信号処理技術を進化させることで、1秒間に12億5,000万画素の超高速な信号読み出しを実現
  • 毎秒5コマのスピードで超多画素な動画を撮影することが可能
  • 画素の微細化に対応した構造を採用することで、超多画素でありながら高感度・低ノイズを実現
  • フルHD動画の約125倍・4K動画の約30倍の超多画素で動画撮影が可能
  • このセンサーを搭載したカメラで撮影した映像の約4万分の1の領域を拡大し、撮影場所から約18km先を飛行する飛行機の機体文字の識別に成功

APS-Hサイズは、EOS-1D Mark IVなどのキヤノンのプロ機に搭載されたセンサーです。APS-Cよりは大きいですが、フルサイズより小さく、画角は約1.3倍になります。2億5,000万画素の19,580×12,600画素は驚くほど大きい画素なので一般カメラに搭載されることはないと思いますが、業務用でどのような使えるのか気になります。
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

世界最高画素数

2億5000万画素

売れ筋ランキング