キヤノン、約17年ぶりのリニューアル「EF35mm F1.4L II USM」を10月中旬に発売


キヤノンは、約17年ぶりのリニューアルした「EF35mm F1.4L II USM」を10月中旬に発売すると発表しました。

キヤノン:新開発「BRレンズ」の採用により画質が飛躍的に向上 大口径単焦点レンズ“EF35mm F1.4L II USM”を発売
  • キヤノンは、大口径の単焦点レンズ「EF35mm F1.4L II USM」を発売する
  • 1998年12月に発売されたEF35mm F1.4L USMの後継機種
  • 青色(短い波長域)の光を大きく屈折させる特長を持つ「BRレンズ」(Blue Spectrum Refractive Optics)を初めて採用。色収差を理想的に補正
  • 「BRレンズ」に加えて、研削非球面レンズ1枚を含む2枚の非球面レンズおよびUDレンズ1枚を採用。絞り開放時でも画面の中心部から周辺部まで高画質を実現
  • 特殊コーティング「SWC(Subwavelength Structure Coating)」を施して、フレアやゴーストを抑えた高画質を実現
  • マウント部・スイッチ部・フォーカスリングに防じん・防滴構造を施して過酷な撮影条件に耐える高い信頼性を実現
  • レンズ最前面と最後面に施した水滴や油が付着しにくいフッ素コーティングにより、付着した汚れを簡単に取り除くことが可能
  • 価格は28万5,000円(税別)

「EF35mm F1.4L II USM」は、従来の「EF35mm F1.4L USM」より画質が飛躍的に向上と記載されているので描写性能はかなり期待できそうですね。その分、価格の面では「EF35mm F1.4L USM」が17万円前後で販売されているので、最安値で25万円前後の「EF35mm F1.4L II USM」はなかなか高めのようです。

基本仕様
レンズマウントキヤノンEFマウント系タイプ単焦点
焦点距離35mmAF/MFAF:○
MF:○
レンズ構成11群14枚絞り羽根枚数9枚
最短撮影距離0.28m最大撮影倍率0.21倍
絞りF1.4~22画角水平・垂直・対角線:54°・38°・63°
フィルターサイズ72mm対応センサーフルサイズ
手ブレ補正機能防塵・防滴構造
最大径×長さ80.4×105.5mm重さ760g

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

EF35mm F1.4L II USM

売れ筋ランキング