シグマ、「SD1」「SD1 Merrill」のファームウェアを8日に更新



シグマは、デジタル一眼レフカメラ「SD1」「SD1 Merrill」の最新ファームウェアを8日に公開しました。



SD1 ファームウェア Ver.1.10 / SD1 Merrill ファームウェア Ver.1.05
・RAWもしくはRAW+JPEGでB/W(白黒)を選択できるようになる。
・AFアルゴリズムの改善により、AF駆動性能が向上。
・内蔵フラッシュ及び、専用フラッシュELECTRONIC FLASH EF-610 DG SUPER SA-STTLとELECTRONIC FLASH EF-610 DG ST SA-STTL、ELECTRONIC FLASH MACRO EM-140 DG SA-STTLとの組み合わせにおける調光精度の向上。
・カスタムモードにマニュアル露出のシャッター速度と絞り値が登録できるようになる。
・バッテリー残量が少なくなったときにまれに動作が不安定になる症状を改善。
・オートパワーオフから復帰後にファインダー表示が消灯してしまうとAFボタンを押しても露出情報が再表示されない現象を改善。
・新プロダクトラインの一部のレンズのレンズIDが正しく認識されないバグを修正。
・設定メニューの「USBモード」を「カメラコントロール」に設定し、「AELボタンの設定」の「継続」を選択しても、解除されてしまうバグを修正。
ダウンロード:SIGMA SD1 ファームウェア Ver.1.10ダウンロード:SIGMA SD1 Merrill ファームウェア Ver.1.05
シグマ:SD1 ボディシグマ:SD1 Merrill ボディ
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

売れ筋ランキング