ニコン、手ブレ補正搭載「AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR」を8月27日に発売


ニコンは、手ブレ補正搭載の標準ズームレンズ「AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR」を8月27日に発売すると発表しました。

Nikon | ニュース | 報道資料:開放F値2.8、焦点距離24-70mmの約2.9倍標準ズームレンズ「AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR」を発売
  • ニコンは、ニコンFマウントの大口径標準ズームレンズ「AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR」を発売する
  • ニコンFXフォーマット(35mmフルサイズ)対応
  • 手ブレ補正効果4.0段分のVR機構を搭載
  • ズーム全域でF2.8を実現
  • 「NIKKOR」レンズ初となるED非球面レンズを採用。EDガラスと非球面レンズの収差補正効果がED非球面レンズ1枚で得られるため、レンズの小型化に貢献
  • 非球面レンズ、EDレンズ、高屈折率レンズ、ナノクリスタルコートを採用。ゴーストやいろいろな収差を抑えて、画像周辺部までシャープ描写を実現
  • 温度変化に強く、ハードな使用に耐える高い堅牢性と耐久性、耐衝撃性を実現。防汚性能に優れたフッ素コートを採用
  • 「AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED」を上回る高い解像力を実現
  • 「AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED」よりAF速度とAF精度が向上
  • 「AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED」の機械絞り制御ではなく、電磁絞りを採用
  • フードロック解除ボタンを改良
  • バヨネットフードHB-74が付属
  • 希望小売価格(税抜)は287,500円

「AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED 」は前モデルの「AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED」と比べると大きく重くなり、価格も2万円ほど高くなっていますが、4.0段分の高い手ブレ補正は魅力的ですね。解像力やAFなど「AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED」より上回っているようなのでよりプロ向けのレンズになった印象です。

基本仕様
レンズマウントニコンFマウント系タイプズーム
焦点距離24~70mm
24~70mm(35mm判換算)
AF/MFAF:○
MF:○
レンズ構成16群20枚絞り羽根枚数9枚
最短撮影距離0.38m最大撮影倍率0.28倍
絞りF2.8~22画角84~34.2度
フィルターサイズ82mm対応センサーフルサイズ
手ブレ補正機能4段分防塵・防滴構造
最大径×長さ88×154.5mm重さ1070g
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR

売れ筋ランキング