リコー、「RICOH THETA m15」の最新ファームウェアを7月23日に公開


リコーは、「RICOH THETA m15」の最新ファームウェアを7月23日に公開しました。

ダウンロード | RICOH THETA
  • リコーは、全天球カメラ「RICOH THETA m15」のファームウェアとアプリケーションをアップデートした

RICOH THETA m15 バージョン 01.31
  • RICOH THETA (型番: RICOH THETA m15)で一度に撮影できる動画の記録時間が3分から5分になる
  • RICOH THETA (型番: RICOH THETA m15)内に保存できる動画の合計記録時間が約40分から約60分になる

スマートフォン用アプリケーション Android(バージョン 1.15.0)、iPhone(バージョン 1.14.0)
  • RICOH THETA (型番: RICOH THETA m15)で一度に撮影できる動画の記録時間が3分から5分になる
  • RICOH THETA (型番: RICOH THETA m15)内に保存できる動画の合計記録時間が約40分から約60分になる
  • 「アプリ内」のシングルビュー画面において、前後の全天球イメージへ移動するときに、表示エリアを維持するようになりました(Androidのみ)

パソコン用アプリケーション Windows、Mac バージョン 1.11.1
  • バグ修正

RICOH THETAは、全天球イメージを撮影することができるデジタルカメラです。後継モデルのRICOH THETA m15は動画が撮影できるようになりました。

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

RICOH THETA m15

RICOH THETA

ファームウェア

売れ筋ランキング