富士フィルム、PC撮影専用ソフトウエア「HS-V5 for Windows」の最新バージョン1.1aを6月29日に公開


富士フィルムは、PC撮影専用ソフトウエア「HS-V5 for Windows」の最新バージョン1.1aを6月29日に公開しました。

PC撮影専用ソフトウエア HS-V5 for Windows® アップデートソフトウエア(Ver.1.1a):概要 | 富士フイルム
  • 富士フィルムは、PC撮影専用ソフトウエア「HS-V5 for Windows」のアップデートバージョンを公開した
  • FUJIFILM X-T1/X-T1 Graphite Silver EditionのファームウエアVer.4.00に対応
  • 「新AFシステム」搭載に伴い、従来の「シングルポイント」に加え、全77点のAFエリアを用いて、動いている被写体を捉える「ゾーン」、「ワイド/トラッキング」に対応。この対応により、撮影メニューのAFポジション設定が「シングルポイント」、「ゾーン」、「ワイド/トラッキング」の選択になる
  • 自動でマクロに切り替わりる「オートマクロ」に対応。「マクロモード」ボタンを押すことなく、近接撮影が可能になる。この対応により「マクロモード」設定ボタンは削除される
  • PC SHOOTモードにおいて、マニュアル露出かつISO感度オート時に、露出補正ダイヤルによる露出補正が可能になる
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

HS-V5

売れ筋ランキング