「IXY 210」と「IXY 200」の違い


「IXY 210」と「IXY 200」の違いを比較しました。

「IXY 210」と「IXY 200」は2017年2月15日に発表されたキヤノンのコンパクトデジタルカメラです。「IXY 210」は「IXY 190」の後継機、「IXY 200」は「IXY 180」の後継機になっています。非常に安価な売れ筋デジカメなので外観とスペックを比較してみました。

「IXY 210」と「IXY 200」 1
「IXY 210」と「IXY 200」の正面比較

「IXY 210」と「IXY 200」 2
「IXY 210」と「IXY 200」の背面比較

「IXY 210」と「IXY 200」 3
「IXY 210」と「IXY 200」の上部比較

「IXY 210」と「IXY 200」 4
「IXY 210」と「IXY 200」の下部比較

カメラの違い
  • 「IXY 210」は「IXY 200」より上位のカメラになっています。どちらもカメラ初心者に優しい簡単オート撮影が可能な機種です。新たにフィルター効果や誤操作を防止するロック機能(「FUNC.SET」「MENU」「INFO.」ボタンの無効化)の「安心オート」や、「日付写し込み」ボタンが搭載されています。「IXY 200」は28~224mm相当の光学8倍ズームレンズが搭載されているのに対し、「IXY 210」はより広角・望遠範囲が撮影できる24~240mm相当の光学10倍ズームレンズが搭載されています。「IXY 200」には手ブレ補正が搭載されていませんが、「IXY 210」には2.5段分のしっかりとブレを補正する手ブレ補正が搭載されています。「IXY 210」はWi-FiやNFCに対応しているので、カメラとスマートフォンを接続し、撮影画像をスマートフォンに転送したり、スマートフォンからカメラを操作したりすることもできます。「CANON iMAGE GATEWAY」Webサービスを利用したり、Wi-Fi対応のプリンター(PictBridge対応機種)を使用することも可能です。「IXY 200」は機能が省略されているので価格は5000円ほど安く、サイズも少しだけ小さくなっています。



製品名キヤノン IXY 210キヤノン IXY 200
発売日2017年02月23日
価格2万円前後1万5000円前後
シリーズシリーズ
マウント系マウント
センサー1/2.3型(CCD)
ローパスフィルター○(予想)
画像処理エンジンDIGIC 4+
総画素数2050万画素
有効画素数2000万画素
最大記憶画素数5152×3864px
焦点距離(35mm判換算)24~240mm28~224mm
焦点距離4.3~43mm5~40mm
最短撮影距離1cm
撮影倍率
絞り値F/3~6.9F/3.2~6.9
光学ズーム10倍8倍
デジタルズーム4倍
プログレッシブファインズーム20倍16倍
ISO100~1600
連写0.8コマ/秒
オートフォーカス時間0.18秒0.22秒
撮影タイムラグ0.22秒0.25秒
ファインダー-
モニター2.7インチ (23万ドット)
シャッタースピード1/2000~15秒
バルブ撮影
セルフタイマー2、10秒
撮影枚数190枚210枚
RAW
JPEG
TIFF
RAW+JPEG
動画HD (1280×720) 25p
ファイル形式MOV
映像圧縮方式MPEG-4 AVC/H.264
音声記録方式MPEG-4 AAC-LC(モノラル)リニア PCM(モノラル)
動画記録時間HD:約2時間35分37秒、SD:約8時間25分48秒HD:約2時間21分58秒、SD:約6時間44分38秒
手ぶれ補正2.5段分-
内蔵フラッシュ
可動式モニター固定式
pictbridge○(Wi-Fi対応のプリンター機種)
水準器
タッチパネル
顔認識
英語対応
Wi-Fi-
NFC-
GPS
Bluetooth
USB給電
SDカードSDXC
95.3mm95.2mm
高さ56.8mm54.3mm
奥行き23.6mm22.1mm
重さ122g111g
総重量137g126g
バッテリーNB-11L
インターフェイスUSB2.0(ミニB)、A/V-OUT

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

IXY 210

IXY 200

比較

デジタル一眼 売れ筋ランキング

コメント
コメントを投稿する