RX100シリーズ(RX100 V、RX100 IV、RX100 III、RX100 II、RX100)の違い


サイバーショット(Cyber-shot) DSC-RX100シリーズ(RX100、RX100M2、RX100M3、RX100M4、RX100M5)の違いについて比較しました。

  • RX100シリーズは、ソニーが発売している1.0型の大型センサーを搭載したコンパクトデジタルカメラのシリーズです。2012年6月15日に初代の「DSC-RX100」が発売されてから、「DSC-RX100M2」、「DSC-RX100M3」、「DSC-RX100M4」が発売され、2016年10月21日に発表された最新の「DSC-RX100M5」で計5つのカメラが発売されています。

正面 RX100シリーズ(RX100 V、RX100 IV、RX100 III、RX100 II、RX100)
正面 RX100シリーズ(RX100 V、RX100 IV、RX100 III、RX100 II、RX100)

背面 RX100シリーズ(RX100 V、RX100 IV、RX100 III、RX100 II、RX100)
背面 RX100シリーズ(RX100 V、RX100 IV、RX100 III、RX100 II、RX100)

上面 RX100シリーズ(RX100 V、RX100 IV、RX100 III、RX100 II、RX100)
上面 RX100シリーズ(RX100 V、RX100 IV、RX100 III、RX100 II、RX100)

正面横並び RX100シリーズ(RX100 V、RX100 IV、RX100 III、RX100 II、RX100)
正面横並び RX100シリーズ(RX100 V、RX100 IV、RX100 III、RX100 II、RX100)

背面横並び RX100シリーズ(RX100 V、RX100 IV、RX100 III、RX100 II、RX100)
背面横並び RX100シリーズ(RX100 V、RX100 IV、RX100 III、RX100 II、RX100)

上面横並び RX100シリーズ(RX100 V、RX100 IV、RX100 III、RX100 II、RX100)
上面横並び RX100シリーズ(RX100 V、RX100 IV、RX100 III、RX100 II、RX100)

上面ズーム横並び RX100シリーズ(RX100 V、RX100 IV、RX100 III、RX100 II、RX100)
上面ズーム横並び RX100シリーズ(RX100 V、RX100 IV、RX100 III、RX100 II、RX100)

カメラの違い
  • 2012年6月15日に初代の「RX100」が発売されました。コンパクトデジタルカメラのセンサーサイズは1/2.3型(6.2 x 4.6mm)などの小型センサーを搭載していることが多いですが、「RX100」は1.0型(13.2 x 8.8mm)の従来のセンサーサイズより約4倍も大きなセンサーが搭載されています。これにより画質が飛躍的に向上し、大きなボケ描写が可能になりました。「RX100」「RX100 II」「RX100 III」「RX100 IV」は全てこの1.0型サイズのセンサーが搭載されています。
  • 2013年7月5日にはセンサーを改良した「RX100 II」が発売されました。世界初(2013年6月27日当時)の1.0型センサーで裏面照射型技術を採用したことや画像処理技術の向上により、高感度性能が向上してノイズを低減しています。液晶モニターは「RX100」の固定式から、上方向に約84度・下方向に約45度まで可動するチルト液晶になりました。他にも、Wi-FiやNFC機能に対応し、RX100シリーズでは唯一のアクセサリーシューを搭載しています。
  • 2014年5月30日にレンズを一新した「RX100 III」が発売されました。「RX100」と「RX100 II」は28~100mm相当でF/1.8~4.9のレンズを搭載していましたが、「RX100 III」から24~70mm相当でF/1.8~2.8のレンズが搭載されています。望遠は30mm縮まりましたが、より広角撮影をすることが可能です。また、望遠側でF値が明るくなり、最短撮影距離も縮まっています。アクセサリーシューは省略され、開いたスペースにポップアップ式の電子ビューファインダー(EVF)が搭載されました。「RX100」と「RX100 II」は内蔵フラッシュが左側にありましたが、「RX100 III」と「RX100 IV」では内蔵フラッシュが中央に移動し、左側にはポップアップ式の電子ビューファインダーが内蔵されています。チルト液晶は180度回転するようになり、自分撮りが可能です。動画はXAVC S形式で撮影できるようになり、メニュー画面がより見やすく整理されました。
  • 2015年7月31日には「RX100 IV」が発売されます。世界初(2015年6月26日時点)のメモリー一体積層型センサーを採用したことで読み出し速度が高速になり、動画機能や高速撮影が向上しました。動画は4Kに対応し、最大960fpsのスーパースローモーション動画も撮影できます。連写は「RX100」「RX100 II」「RX100 III」の約10コマ/秒から、約16コマ/秒になりました。電子シャッターが新たに使用可能になり、1/32000秒の高速シャッターが可能で、アンチディストーションシャッターにより動体ゆがみ(ローリングシャッター現象)を低減しています。
  • 2016年10月14日に最新の「RX100 V」が発売されます。「RX100 IV」をさらに高速化したモデルで、センサースペックは同じですが新しいフロントエンドLSIが搭載されて高速処理が可能になっています。連写は約16コマ/秒から約24コマ/秒に高速化し、ブラックアウト時間が短縮したことでスムーズな映像確認も可能です。960fpsのスローモーション動画撮影時間は「約2秒(画質優先)」「約4秒(撮影時間優先)」から、約2倍の「約4秒(画質優先)」「約7秒(撮影時間優先)」に増えました。オートフォーカスには「RX100シリーズ」で初となる像面位相差AFが搭載され、コントラストAFと組み合わせた「ファストインテリジェントAF」で静止画撮影時だけでなく4K動画撮影時でも高速AFが可能です。

どれが買いか?
  • 余計な機能は必要なく、小型で高画質なカメラが欲しい場合は初代の「RX100」がお勧めです。可動式モニターや電子ビューファインダー、Wi-FiやNFC機能などのは搭載されていませんが、画質は非常に優れており十分な写真が撮影できます。RX100シリーズで最も古いために価格も安く、コンパクトデジタルカメラの売れ筋ランキングで常に上位に入る人気のカメラです。
  • 動画性能に優れたカメラが欲しい場合は「RX100 V」と「RX100 IV」がお勧めです。「RX100 V」と「RX100 IV」は高品質なXAVC S形式の4K動画(30p)が撮影できるほか、最大960fpsの高価なカメラでしか撮影が出来なかったスローモーション動画も撮影できます。S-Log2 ガンマなどプロが使用するような本格的な動画撮影に対応し、ミュージックビデオPVに実際に使用されるほど高性能です。「RX100 V」はスローモーション動画撮影時間とオートフォーカス性能が「RX100 IV」より強化されているのでより快適な動画撮影が可能です。しかし、RX100シリーズで最新のカメラなので価格が高いです。
  • 「RX100 IV」ほどの動画機能が必要なく、電子ビューファインダーを搭載した高画質カメラが欲しい場合は「RX100 III」がお勧めです。「RX100 III」は「RX100 IV」と同様に非常に高性能なレンズを搭載しているため、画像の隅々まで鮮明に描写することができます。また、ポップアップ方の電子ビューファインダーは使用しない時には収納でき、必要時のみポップアップさせて撮影に集中することができます。
  • 拡張性に優れたカメラが欲しい場合は「RX100 II」がお勧めです。RX100シリーズで唯一のアクセサリーシューを搭載することで、光量が大きな外付けフラッシュ、電子ビューファインダー、クリップオンLCDモニターなどを装着してカメラの操作性を拡張することができます。

カメラ名DSC-RX100M5DSC-RX100M4
発売日2016年10月14日2015年07月31日
価格120,000円前後110,000円前後
センサー1.0型(13.2×8.8mm Exmor RS CMOS 積層型)
画素数2100万総画素
2010万有効画素
画像処理エンジンBIONZ(ビオンズ) X、フロントエンドLSIBIONZ(ビオンズ) X
オートフォーカス像面位相差AF+コントラストAF(ファストハイブリッドAF)コントラストAF(ファストインテリジェントAF)
レンズ24~70mm相当 F/1.8~2.8
70mm時のF値F2.8
最短撮影距離約5cm(ワイド端)
約30cm(テレ端)
NDフィルター
ISO感度125~12800(標準)
80~25600(拡張)
連写24コマ/秒16コマ/秒
ロックオンAF
ファインダー電子式ビューファインダー(235万ドット 100%/0.59倍)
モニター3インチ (122.88万ドット)
モニタータイプ自分撮り対応チルト
シャッタースピード30~1/32000秒(電子シャッター)
30~1/2000秒(メカシャッター)
セルフタイマー2、5、10秒
撮影枚数液晶モニター時:約220枚、ファインダー時:約210枚液晶モニター時:約280枚、ファインダー時:約230枚
静止画フォーマットRAW:○
JPEG:○
RAW+JPEG同時撮影:○
動画4K(3840×2160) 30fps
フルHD(1920×1080) 60fps
動画形式XAVC S、AVCHD規格 Ver.2.0準拠、MP4
ハイフレームレート(スローモーション動画)最大960fps(画質優先:約4秒、撮影時間優先:約7秒)最大960fps(画質優先:約2秒、撮影時間優先:約4秒)
手ぶれ補正機構
内蔵フラッシュ
防塵・防滴構造-
USB充電
HDR
水準器
タッチパネル-
顔認識
バルブ撮影
ネットワークWi-Fi:○
NFC:○
記録メディアSDカード:○
SDHCカード:○
SDXCカード:○
メモリースティックDUO:○
幅×高さ×奥行き101.6×58.1×41mm
重さ272 (本体のみ)
299g (総重量)
271 (本体のみ)
298g (総重量)
バッテリーNP-BX1
インターフェースUSB2.0、HDMI(マイクロ)マルチ/マイクロUSB端子、 HDMIマイクロ端子(タイプD)

カメラ名DSC-RX100M3DSC-RX100M2DSC-RX100
発売日2014年05月30日2013年07月05日2012年06月15日
価格73,000円前後60,000円前後35,000円前後
センサー1.0型(13.2×8.8mm Exmor R CMOS 裏面照射型)1.0型(13.2×8.8mm Exmor CMOS)
画素数2090万総画素
2010万有効画素
2090万総画素
2020万有効画素
画像処理エンジンBIONZ(ビオンズ) XBIONZ(ビオンズ)
レンズ24~70mm相当 F/1.8~2.828~100mm相当 F/1.8~4.9
70mm時のF値F2.8F4.0
最短撮影距離約5cm(ワイド端)
約30cm(テレ端)
約5cm(ワイド端)
約55cm(テレ端)
NDフィルター-
ISO感度125~12800(標準)
80~25600(拡張)
160~12800(標準)
100~25600(拡張)
125~6400(標準)
80~25600(拡張)
連写10コマ/秒
ロックオンAF-
ファインダー電子式ビューファインダー(144万ドット 100%/0.59倍)-
モニター3インチ (122.88万ドット)3インチ (122.9万ドット)
モニタータイプ自分撮り対応チルトチルト固定式
シャッタースピード30~1/2000秒(メカシャッター)
セルフタイマー2、10秒
撮影枚数320枚350枚330枚
静止画フォーマットRAW:○
JPEG:○
RAW+JPEG同時撮影:○
動画フルHD(1920×1080) 60fpsフルHD(1920×1080) 60fpsフルHD(1920×1080) 60fps
動画形式XAVC S、AVCHD規格 Ver.2.0準拠、MP4AVCHD規格 Ver.2.0準拠、MP4
ハイフレームレート(スローモーション動画)最大120fps-
手ぶれ補正機構
内蔵フラッシュ
防塵・防滴構造-
USB充電
HDR
水準器
タッチパネル-
顔認識
バルブ撮影
ネットワークWi-Fi:○
NFC:○
-
記録メディアSDカード:○
SDHCカード:○
SDXCカード:○
メモリースティックDUO:○
幅×高さ×奥行き101.6×58.1×41mm101.6×58.1×38.3mm101.6×58.1×35.9mm
重さ263 (本体のみ)
290g (総重量)
254 (本体のみ)
281g (総重量)
213 (本体のみ)
240g (総重量)
バッテリーNP-BX1
インターフェースUSB2.0、HDMIマイクロ端子


RX100シリーズ

RX100

RX100 II

RX100 III

RX100 IV

比較

デジタル一眼 売れ筋ランキング