X同調速度(シンクロ速度)とは


X同調速度(シンクロ速度)とは

X同調速度(シンクロ速度)について紹介しています。

X同調速度(シンクロ速度)
フラッシュ使用時に露光にムラがなく撮影できるシャッタースピードの制限速度。主にフォーカルプレーンシャッターを採用している一眼レフで使用される。フォーカルプレーンシャッターは高速シャッタースピード時にスリット露光に変わる。このシャッタースピード時にフラッシュ撮影すると幕切れと呼ばれる現象が発生することがあり、撮影した画像に露光のムラができる。

フォーカルプレーンシャッターは、イメージセンサー前面に置かれた2枚の幕が開閉することでシャッターを切る。低速シャッタースピード(~1/250秒くらいまで)では、先幕が開いてイメージセンサーが全開になり、後幕が閉じる。しかし、高速シャッタースピードでは、先幕が動き終わる前に後幕も動き出すスリット露光に変わり、イメージセンサーが全開になる瞬間がない。フラッシュの光をイメージセンサー全面に当てる瞬間が後幕によって遮られてしまうことで露光にムラ(幕切れ)がある写真になる。そのため、フォーカルプレーンシャッターのフラッシュ使用時にはシャッタースピードに制限がかかる。

レンズシャッター
コンパクトデジタルカメラなどが採用するレンズシャッターでは、フォーカルプレーンシャッターとシャッターの仕組みが異なるために、フラッシュ使用時でもシャッタースピード全速度で同調した撮影ができることが多い。

ハイスピードシンクロ(FP発光 -フォーカルプレーン発光)
フォーカルプレーンシャッターでも、ハイスピードシンクロに対応したフラッシュを使用すると1/8000秒などの高速シャッターで撮影できる。連続で発光するフラット発光によりスリット露光でもイメージセンサーに光を当てることができる。
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

X同調速度

シンクロ速度

売れ筋ランキング