富士フィルム、「FUJIFILM X-T1」のAF性能を一新する最新ファームウェアVer.4.00を6月下旬に公開


富士フィルムは、「FUJIFILM X-T1」のAF性能を一新する最新ファームウェアVer.4.00を6月下旬に公開すると発表しました。

「FUJIFILM X-T1」の最新ファームウエアを公開 動いている被写体に強い「新AFシステム」の搭載と、操作性をさらに向上! : お知らせ | 富士フイルム
  • 富士フィルムは、ミラーレスカメラのフラッグシップ機「FUJIFILM X-T1」の性能を大幅に向上させる最新ファームウェアを6月下旬が公開する
  • 動体撮影性能を大幅に向上する「ゾーン」と「ワイド/トラッキング」を追加
  • AF精度の改善
  • 「瞳AF」の搭載
  • 自動で切り替わる「オートマクロ」の搭載
  • 動画モードのAF改善
  • タイム撮影(T)時にコマンドダイヤルでシャッタースピードを全域変更可能
  • マニュアル露出時の露出補正が可能
  • フレーミングガイドの細線化で被写体の視認性を向上
  • 「マナーモード」メニュー上の名称を「電子音&フラッシュOFF」に変更

公開予定日は6月下旬ですが、かなり大幅な向上が期待できるファームウェアが発表されました。富士フィルムは昨年の12月18日にも「最高速度1/32000秒の電子シャッター機能追加」などを含む大きなファームウェアを公開したので、今回も期待できますね。

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

FUJIFILM X-T1

ファームウェア

売れ筋ランキング