「Xperia 5 III」と「Xperia 10 III」の違い


ソニー(Sony)

ソニー「Xperia 5 III (エクスペリア・ファイブ・マーク・スリー、SOG05、SO-53B)」と「Xperia 10 III (テン・マーク・スリー、SOG04、SO-52B)」の違いを比較しました。

「Xperia 5 III」は2021年9月30日に国内発表されたソニーのスマートフォンです。「Xperia 10 III」(2021年6月発売)と外観・スペックを比較してみました。

【Xperiaシリーズ】
Xperia 1 III ・・・ 5G対応の大型フラッグシップモデル
Xperia 5 III ・・・ 5G対応の小型フラッグシップモデル
Xperia 10 III ・・・ 5G対応のスタンダードモデル
Xperia 8 ・・・ 4G対応のミッドレンジモデル
Xperia Ace II ・・・ 4G対応のコンパクトエントリーモデル
※「Xperia 8シリーズ」は「Xperia 10シリーズ」の下位です。

「Xperia 5 III」と「Xperia 10 III」 1
「Xperia 5 III」と「Xperia 10 III」の正面比較

「Xperia 5 III」と「Xperia 10 III」 2
「Xperia 5 III」と「Xperia 10 III」の背面比較

「Xperia 5 III」と「Xperia 10 III」 3
「Xperia 5 III」と「Xperia 10 III」の側面(左側・右側)比較


外観・デザイン
  • 【ディスプレイ】
    「Xperia 5 III」は6.1インチ(2520x1080)のサイズに対し、「Xperia 10 III」は6.0インチ(2520x1080)です。「Xperia 5 III」は、120Hzのリフレッシュレート・240Hzのタッチ検知や、「クリエイターモード」「HDRリマスター」などに対応する上位の「シネマワイドディスプレイ」を搭載しています。
  • 【その他】
    「Xperia 5 III」は、「Wi-Fi 6」に対応し(10 IIIはWi-Fi 5)、いつもの音源を立体サウンドに変換する「360 Spatial Sound」などの高性能オーディオ機能、充電時の熱発生を抑える「HSパワーコントロール」やゲーム時の設定モード「ゲームエンハンサー」などのゲーマー向け機能が搭載されています。

機能・特徴
  • 【プロセッサー】
    「Xperia 5 III」はクアルコム製のハイエンドSoC「Snapdragon 888」・RAM「8GB」を搭載していますが、「Xperia 10 III」はミドルクラス「Snapdragon 690」・「6GB」です。「Xperia 5 III」はフラッグシップモデルのハイパフォーマンスを実現し、処理性能が大きく優れています。
  • 【カメラ】
    「Xperia 5 III」と「Xperia 10 III」はどちらも背面に「メイン」+「広角」+「望遠」構成のトリプルカメラを搭載しています。「Xperia 5 III」は、「メイン」+「望遠」が光学式手ブレ補正に対応し、「望遠」の焦点距離を「70mm F2.3」か「105mm F2.8」で切り替え可能、「ZEISSブランド」のレンズや「αカメラ」の技術など、カメラ仕様が大きく強化されています。



「Xperia 5 III (エクスペリア・ファイブ・マーク・スリー、SOG05、SO-53B)」と「Xperia 10 III (テン・マーク・スリー、SOG04、SO-52B)」のスペック違いを比較
製品名ソニー Xperia 5 IIIソニー Xperia 10 III
発売日2021年11月12日au&ドコモ: 2021年6月18日、ワイモバイル: 7月2日
予想価格12~13万円前後5万円前後
キャリアau、ドコモ、ソフトバンクau、ドコモ
次世代通信規格5G○(sub6)
シリーズエクスペリア(Xperia)
発売時のOSAndroid 11
SoC(プロセッサ)CPU: Snapdragon 888 5G オクタコア (1x2.8GHz+3x2.4GHz+4x1.8GHz)CPU: Snapdragon 690 5G オクタコア (2x2.0GHz+6x1.7GHz)
RAM8GB6GB
ストレージ128GB
メモリーカードmicroSDXC(1TB)
モニター6.1インチ、フルHD+(2520x1080ドット)、比率21:9、シネマワイドディスプレイ6.0インチ、フルHD+(2520x1080ドット)、比率21:9、トリルミナスディスプレイ for mobile
パネル有機EL HDR OLED、マルチウィンドウスイッチ、DCI-P3 100%、X1 for mobile、クリエイターモード有機EL HDR OLED、マルチウィンドウスイッチ、DCI-P3 97%、ポップアップウィンドウ、動画再生時の画質最適化機能
リフレッシュレート120Hz(240Hzの残像低減技術)、240Hzのタッチサンプリングレート
HDR動画再生○(HDRリマスターにも対応)
生体認証指紋認証(右側面に設置、電源ボタンと一体化)
防水・防塵性能IPX5/IPX8、IP6X、Gorilla Glass 6
背面/アウトカメラ1220万画素 1/2.6型 Exmor RS 124° 16mm F2.2 デュアルPD (超広角)+1220万画素 1/1.7型 Exmor RS 82° 24mm F1.7 OIS デュアルPD (標準)+1220万画素 1/2.9型 Exmor RS 「34° 70mm F2.3」と「23° 105mm F2.8」で切り替え可能 OIS デュアルPD ペリスコープ構造 (望遠)800万画素 1/4型 120° 16mm F2.2 (超広角)+1200万画素 Exmor R 1/2.8型 75° 27mm F1.8 (標準)+800万画素 1/4型 45° 54mm F2.4 (望遠)
ズームハイブリッド12.5倍ズーム、AI超解像ズーム光学2倍、ハイブリッド10倍ズーム
手ブレ補正標準&望遠: 光学式+電子式のハイブリッド手ブレ補正、背面&正面: 動画時に5軸手ブレ補正電子式手ブレ補正
動画機能4K HDR 60/30/25/24fps、スローモーション: 4K HDR 120fps、インテリジェントウィンドフィルター、シネマトグラフィー・プロ4K、スローモーション: 120fps
正面/インカメラ800万画素 1/4型 78° F2.0
カメラ機能ポートレートセルフィー、AF/AE追従(60回/秒のAF/AE演算)で約20コマ/秒の連写性能、フォトグラフィー・プロ(カメラUIを統一、BASICモードに切り替えは可能)、RAW(DNG)、リアルタイム瞳AF(動物の瞳にも対応)、「ZEISS(ツアイス)」ブランドのレンズの「T*(ティー・スター)コーティング」ポートレートセルフィー、連写10コマ/秒、プレミアムおまかせオート(ペット認識に対応、14種類のシーンと4つのコンディション)、ボケエフェクト、低照度撮影、ナイトモード
追加機能FlawlessEye対応(標準レンズ、手ブレ補正機能)、ハイブリッド手ブレ補正(標準&望遠レンズ)、オブジェクトトラッキング(被写体追従機能)、コンティニュアスAF、連写時にノイズリダクション
Wi-FiIEEE 802.11 a/b/g/n/ac/ax (Wi-Fi 6)IEEE 802.11 a/b/g/n/ac
スマートコネクティビティ○(Wi-FiとLTEを自動切り替えして最適な通信環境を保つディープラーニング技術活用の機能)
最大通信速度5G: 受信時4.2Gbps 送信時218Mbps、4G: 受信時1.7Gbps 送信時131.3Mbps (ドコモ)5G: 受信時2.1Gbps 送信時218Mbps、4G: 受信時1.1Gbps、送信時75Mbps (ドコモ)
Bluetooth5.25.1
NFC
FeliCaチップ○(おサイフケータイに対応)
GPS
テレビワンセグ/フルセグに非対応
バッテリー4500mAh
連続通話時間約1950分 (au)約2550分 (au)
連続待受時間約420時間 (au)約770時間 (au)
対応充電STAMINAモード、いたわり充電、急速充電: USB PD(USB power delivery)
HSパワーコントロール○(充電時の発熱を抑制)
ワイヤレス充電
3.5mmヘッドホンジャック
オーディオフルステージステレオスピーカー(左右均一に配置)、Dolby Atmos、360 Reality Audio(サンロクマル・リアリティオーディオ)、360 Spatial Sound未確認
ハイレゾ○(DSEE Ultimate、FLAC、aptX HD、LDAC、ALAC、DSD、AAC)
コネクターUSB Type-C 3.1 Gen1
その他サイドセンス、ゲームエンハンサー(ローガンマレイザー、ゲーム用画質モード、オーディオイコライザー、VCマイクの最適化、RTレコード、ハイフレームレート録画)、右側面にGoogleアシスタントボタン、ダイナミックバイブレーションシステムサイドセンス、片手モード
68mm
高さ157mm154mm
奥行き/厚み8.2-9.7mm8.3-9.1mm
質量/重さ168g169g
カラーグリーン、フロストブラック(日本限定カラー)、フロストシルバー(日本限定カラー)、ピンク(SB以外)ブラック、ブルー、ピンク、ホワイト、イエロー(ドコモ)
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

売れ筋ランキング
コメント