「AQUOS sense3」と「らくらくスマートフォン me (F-01L)」の違い


シャープ「AQUOS sense3 (アクオス・センス・スリー、SHV45、SH-02M)」と富士通「らくらくスマートフォン me (F-01L)」の違いを比較しました。

「AQUOS sense3」はシャープのスマートフォンです。「かんたんモード」を利用してスマホ初心者にも分かりやすく簡単操作をすることができます。シニア層向けの初めてでも使いやすい富士通「らくらくスマートフォン me (F-01L)」と外観・スペックを比較してみました。

「AQUOS sense3」と「らくらくスマートフォン me (F-01L)」 1
「AQUOS sense3」と「らくらくスマートフォン me (F-01L)」の正面比較

「AQUOS sense3」と「らくらくスマートフォン me (F-01L)」 2
「AQUOS sense3」と「らくらくスマートフォン me (F-01L)」の背面比較


外観・デザイン
  • 【サイズ】
    「AQUOS sense3」は5.5インチ(2160x1080)の液晶ディスプレイを搭載していますが、「らくらくスマートフォン me (F-01L)」は4.7インチ(1280x720)の有機ELディスプレイです。本体サイズは「AQUOS sense3」が「らくらくスマートフォン me (F-01L)」より、高さが4mm大きく、奥行きが0.4mm薄く、質量が24g重くなっています。「AQUOS sense3」は縦長でベゼル幅が狭いディスプレイです。
  • 【生体認証】
    「AQUOS sense3」は「指紋認証」と「顔認証」に対応していますが、「らくらくスマートフォン me (F-01L)」はどちらにも非対応です。「AQUOS sense3」は正面下部に設置された指紋センサーをホームボタンとして活用することや、ジェスチャー操作を割り当てることができます。「らくらくスマートフォン me (F-01L)」はアイコンが付いたホームボタンが正面下部に設置されています。
  • 【タフネス性能】
    「AQUOS sense3」と「らくらくスマートフォン me (F-01L)」はどちらも「防水・防じん」機能に対応しています。「AQUOS sense3」は米国国防総省が制定した「MIL規格」の19項目に準拠するのに対し、「らくらくスマートフォン me (F-01L)」はより多い23項目です。「らくらくスマートフォン me (F-01L)」はスマートフォン本体をハンドソープで丸洗いすることができます。

機能・特徴
  • 【プロセッサ】
    「AQUOS sense3」はSoCがクアルコム製のミドルロークラス「Snapdragon 630」ですが、「らくらくスマートフォン me (F-01L)」はエントリークラスの「Snapdragon 450」です。RAMとストレージは「AQUOS sense3」が「4GB」と「64GB」に対し、「らくらくスマートフォン me (F-01L)」は「3GB」と「32GB」です。処理性能は「AQUOS sense3」のほうが優れています。
  • 【カメラ】
    「AQUOS sense3」は背面がデュアルカメラに対し、「らくらくスマートフォン me (F-01L)」はシングルカメラです。「AQUOS sense3」は「標準カメラ」と「広角カメラ」が搭載され、カメラを切り替えることで画角を変更することができます。「らくらくスマートフォン me (F-01L)」は「花ノート」と呼ばれる、AIが撮影した花の名前などを教えてくれる機能が搭載されています。
  • 【バッテリー】
    「AQUOS sense3」はバッテリー容量が4000mAhに対し、「らくらくスマートフォン me (F-01L)」は2110mAhです。「AQUOS sense3」は大容量バッテリーを搭載したことや、ディスプレイの省エネ性能により、1週間の電池持ちを実現しています。
  • 【その他】
    「らくらくスマートフォン me (F-01L)」は、災害時にも利用できるワンセグ(ロッドアンテナ内蔵)やラジスマの対応、背面に設置された脈波センサーによる血管年齢測定、迷惑電話や迷惑メール対策機能、専門アドバイザーに無料の電話相談ができる「らくらくホンセンター」などのサポート機能が搭載されています。


「AQUOS sense3 (アクオス・センス・スリー、SHV45、SH-02M)」と「らくらくスマートフォン me (F-01L)」のスペック違いを比較
製品名シャープ AQUOS sense3富士通 らくらくスマートフォン me (F-01L)
発売日ドコモ: 2019年11月01日、au: 11月2日、UQモバイル: 11月8日2019年02月15日
キャリアドコモ、au、UQモバイルドコモ
デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)SIMフリー版がデュアルSIMデュアルVoLTE(DSDV)に対応予想シングルnanoSIM
予想価格3万円台4万円台
シリーズアクオス・センス(AQUOS sense)らくらくホン
発売時のOSAndroid 9.0、発売から2年間・最大2回のバージョンアップ保証Android 8.1
SoC(プロセッサー)CPU: Snapdragon 630 オクタコア (4x2.2GHz+4x1.8GHz)CPU: Snapdragon 450 SDM450 オクタコア (1.8GHzx8)
ストレージ64GB32GB
microSDカードmicroSDXC(512GB)microSDXC(400GB)
RAM4GB LPDDR4X3GB
バッテリー容量4000mAh (1週間の電池持ちが可能)、インテリジェントチャージ(バッテリー劣化を抑制)2110mAh
防水・防塵・耐衝撃性能IPX5/IPX8、IP6X、耐衝撃: MIL規格19項目に準拠 MIL-STD-810H、お風呂対応IPX5/IPX8、IP6X、耐衝撃: MIL規格23項目に準拠 MIL-STD-810G、ハンドソープでの洗浄対応
セキュリティ/生体認証指紋認証(正面に設置、ジェスチャー操作対応)、顔認証
モニター/画面解像度5.5インチ、フルHD+(2160x1080ドット)、比率18:94.7インチ、HD(1280x720ドット)、比率16:9
パネルIGZO液晶、アウトドアビュー(屋外でも見やすい視認性)、リッチカラーテクノロジーモバイル(高い色再現性により色鮮やかな映像)、バーチャルHDR、のぞき見防止ブロック有機EL
Wi-FiIEEE 802.11 a/b/g/n/ac
VoLTEVoLTE、VoLTE(HD+)
通信速度受信時最大: 350Mbps、送信時最大: 75Mbps (ドコモ)受信時最大: 150Mbps、送信時最大: 50Mbps (ドコモ)
NFC
おサイフケータイ/FeliCa
Bluetooth5.0(SBC、aptX HD、AAC)4.2(SBC)
GPS
赤外線
テレビワンセグ(フルセグは非対応)
ハイレゾ
背面/アウトカメラの画素数1200万画素 CMOS裏面照射型 83° 24mm相当 F2.0 (標準)+1200万画素 CMOS裏面照射型 121° 18mm相当 F2.2 (広角)1310万画素 裏面照射積層型CMOS F2.0
手ブレ補正両レンズに電子式手ブレ補正(静止画手ブレ補正)電子式(静止画&動画)
正面/インカメラの画素数800万画素 CMOS裏面照射型 86° 23mm相当 F2.2500万画素 裏面照射型CMOS F2.4
動画/スローモーション4K(3840x2160)フルHD(1920x1080)
カメラ機能AIオート(9つの被写体とシーンモードの自動選択)、AIライブストーリー(撮影した動画からAIが自動的に15秒のダイジェストムービーを作成)、ProPix2(AIが被写体の動き検知することで、シャッタースピードや露光を調整して被写体ブレを抑える「被写体ブレ検出エンジン/被写体ブレ補正」)背景ぼかしポートレートモード(自動で背景をぼかした撮影)、花ノート(撮影した花の写真を解析するAI機能)、Live Auto Zoom(ライブ・オート・ズーム、カメラが被写体を追って滑らかにズームする動画撮影機能)
その他かんたんモード、エモパー Ver.10.1、ロボクル、アルミボディ、バスタブ構造(背面と側面が一体化)らくらくホンセンター(無料で電話相談)、迷惑電話・メール対策機能、健康測定アプリ「Lalasia/ララしあ」(歩数計、心拍測定、血管年齢)、緊急時ブザー、音声読み上げ機能、らくらくタッチ、FMラジオ、ストラップホール
コネクターUSB Type-C
ヘッドホンジャック
70mm
高さ147mm143mm
奥行き(厚み)8.9mm9.3mm
重さ167g143g
カラーシルバーホワイト、ライトカッパー、ブラック(ドコモ&au)、ディープピンク(ドコモ)、ソフトピンク(au)ピンク、ブラック、ゴールド
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

AQUOS sense3

らくらくスマートフォン me

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する