「AQUOS zero2」と「AQUOS zero」の違い


シャープ「AQUOS zero2 (アクオス・ゼロ・ツー、SHV47、SH-01M)」と「AQUOS zero (アクオス・ゼロ、SH-M10)」の違いを比較しました。

「AQUOS zero2」は2019年9月25日に発表されたシャープのスマートフォンです。「AQUOS zero」(2018年12月21日発売)の後継機種となるフラッグシップモデルなので、外観・スペックを比較してみました。
※「AQUOS zero2」はフルスペックがまだ確認できないので公開され次第、追記していきます。
※2019年10月10日にau、10月11日にドコモ、10月17日にソフトバンクから「AQUOS zero2」が発表されました。

「AQUOS zero2」と「AQUOS zero」 1
「AQUOS zero2」と「AQUOS zero」の正面比較

「AQUOS zero2」と「AQUOS zero」 2
「AQUOS zero2」と「AQUOS zero」の背面比較


外観・デザイン
  • 【ディスプレイ形状】
    「AQUOS zero」は6.2インチ(2992x1440)のディスプレイでしたが、「AQUOS zero2」は6.4インチ(2340x1080)になりました。「AQUOS zero2」は画面サイズが大きくなりましたが、画面解像度は抑えられました。「AQUOS zero」はノッチ(切り欠き)が台形型の形状だったのに対し、「AQUOS zero2」はより小さな半円形の水滴型です。
  • 【ディスプレイ性能】
    「AQUOS zero2」は、「AQUOS zero」の自社製有機ELディスプレイが進化し、約10億の色が表現可能になりました。より滑らかな階調でグラデーションの色域表現ができ、HDRコンテンツをより忠実に再現することができます。輝度も150%向上したことでより明るい表示が可能です。
  • 【サイズ】
    「AQUOS zero2」は「AQUOS zero」より、幅が1mm、高さが4mm、大きくなりました。「AQUOS zero」は背面に軽量かつ強度が高いアラミド繊維を採用することで、6インチ以上で3000mAhを超えるスマートフォンで世界最軽量の「146g」でしたが、「AQUOS zero2」はさらに3g軽い「143g」を実現しています。
    ※誤記を修正しました。コメントありがとうございます。
  • 【指紋認証センサー】
    「AQUOS zero」は指紋センサーが背面に設置されていましたが、「AQUOS zero2」は「AQUOSスマートフォン」で初めての「画面内指紋センサー」になりました。「AQUOS zero2」はスマートフォンを置いたまま、正面からディスプレイ上の指紋センサーエリアをタッチすることでロック解除ができます。

機能・特徴
  • 【ゲーミングスマホ】
    「AQUOS zero」は軽量&有機ELが特長のフラッグシップスマートフォンでしたが、「AQUOS zero2」はさらに進化してゲーム向けのフラッグシップモデルになりました。「AQUOS zero2」はリフレッシュレート(倍速表示)が「60Hz」から「120Hz」駆動に高速化し、最大で「240Hz(4倍速)」を実現しています。これにより、タッチ性能も240Hzで検出が可能になりました。4倍速の表示とタッチ検出(平均約2ms)により、ゲーム時に遅延を抑えてプレイすることができます。「AQUOS zero2」は軽量ボディなので長時間のゲームプレイでも手の負担を抑えることが可能です。
  • 【プロセッサ】
    「AQUOS zero」はクアルコム製のハイエンドSoC「Snapdragon 845」を搭載していましたが、「AQUOS zero2」は最新の「Snapdragon 855」になりました。「Snapdragon 855」はCPU性能、GPU(グラフィック)性能、AI性能などが向上しています。また、「AQUOS zero2」は、RAMが「6GB」から「8GB」、ストレージが「128GB」から「256GB」に強化されています。
  • 【カメラ】
    「AQUOS zero」は背面にシングルカメラを搭載していましたが、「AQUOS zero2」はデュアルカメラになりました。「AQUOS zero2」は標準カメラが「2260万画素 22mm相当 F1.9」から「1220万画素 26mm相当 F1.7」に変更され、「2010万画素 18mm相当 F2.4」の広角カメラが追加されています。「AQUOS zero2」は、動画撮影時にAIが写真を自動撮影する「AIライブシャッター」や、撮影した動画からAIが自動的に15秒のダイジェストムービーを作成する「AIライブストーリー」、AIが被写体ブレを抑える「被写体ブレ補正」など、AI機能が強化されています。


「AQUOS zero2 (アクオス・ゼロ・ツー、SHV47、SH-01M)」と「AQUOS zero (アクオス・ゼロ、SH-M10)」のスペック違いを比較
製品名シャープ AQUOS zero2シャープ AQUOS zero
発売日2019年冬SB:2018年12月21日、SIMフリー:2019年4月9日
キャリアソフトバンク、ドコモソフトバンク、SIMロックフリー
デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)未確認
予想価格未定10万円前後
シリーズアクオス・ゼロ(AQUOS ZERO)
発売時のOSAndroid 10、発売から2年間・最大2回のバージョンアップ保証Android 9.0、発売から2年間・最大2回のバージョンアップ保証
SoC(プロセッサー)CPU: Snapdragon 855 SDM855 オクタコア (2.8GHz+1.7GHz)CPU: Snapdragon 845 SDM845 オクタコア (4x2.6GHz+4x1.7GHz)
microSDカード非対応
ストレージ256GB UFS3.0128GB UFS
RAM8GB6GB
バッテリー容量3130mAh
急速充電パラレル充電(2つの充電ICで発熱を抑える)パラレル充電、USB PD、インテリジェントチャージ(電池劣化を抑えた充電)
連続通話時間未確認4G:約2230分、3G:約1810分、GSM:約870分(SB)
連続待受時間未確認4G LTE:約555時間、3G:約555時間、GSM:約575時間(SB)
防水・防塵機能IPX5・IPX8/IP6X(IP68)
セキュリティ(生体認証)指紋認証センサー(ディスプレイ内に設置)、顔認証指紋認証センサー(背面に設置)、顔認証
モニター/画面解像度6.4インチ、フルHD+(2340x1080ドット)、比率19.5:96.2インチ、ワイドクアッドHD+(2992x1440ドット)、比率約19:9、538ppi
パネル有機EL OLED(シャープ製)、明るさが150%向上有機EL OLED(シャープ製)、コントラスト比100万:1
ノッチ(切り欠き)水滴型台形型
リフレッシュレート/描写回数毎秒120回、高速表示で毎秒240回(4倍速)、タッチパネル反応/検出速度の向上(240Hz)毎秒60回
リッチカラーテクノロジーモバイル10億色リッチカラーテクノロジー○(高い色再現性により色鮮やかな映像が可能)
アウトドアビュー○(屋外でも見やすい視認性)
デジタルシネマ標準規格DCI未確認DCI-P3の100%の広色域
HDR動画再生対応10億色 True HDR(Dolby Vision、HDR10)○(Dolby Vision、HDR10、HLG、VP9、YouTube HDR)
Wi-FiIEEE 802.11 a/b/g/n/ac
対応バンド未確認LTE: 1 / 2 / 3 / 4 / 8 / 11 / 12 / 17 / 19 / 26 / 28 / 41 / 42、3G: 1 / 2 / 4 / 8 / 19 (SIMフリー版、nanoSIMx1)
通信速度未確認受信時最大:774Mbps(SB)、37.5Mbps(SB)
NFC○(FeliCaチップ、おサイフケータイ)
Bluetooth未確認5.0(aptX HD)
GPS○(L1+L5)○(みちびき対応)
テレビ(ワンセグ・フルセグ)未確認
ロボティクス未確認エモパーVer 9.0、ロボクル
背面/アウトカメラ1220万画素 裏面照射積層型CMOS 78° 26mm相当 F1.7 (標準)+2010万画素 裏面照射積層型CMOS 125° 18mm相当 F2.4 (広角)2260万画素 90° 22mm相当 F1.9
手ブレ補正標準: 光学式、広角: 電子式静止画用は光学式、動画用は電子式
動画機能未確認4K(3840x2160)
背面カメラ機能標準: ハイスピードAF(全面位相差)、広角: AIライブシャッター(動画撮影時にAIが写真を自動撮影)、標準&広角: AIライブストーリー(撮影した動画からAIが自動的に15秒のダイジェストムービーを作成)ハイスピードAF
画像エンジンProPix2(AIが被写体の動き検知することで、シャッタースピードや露光を調整して被写体ブレを抑える「被写体ブレ検出エンジン/被写体ブレ補正」)ProPix
AI機能未確認AIオート(9つのシーンを自動選択)
正面/インカメラ800万画素 裏面照射型CMOS800万画素 90° 23mm相当 F2.2
正面カメラの機能未確認AQUOS beauty、アイキャッチセルフィー、セルフィーフラッシュ
コネクターUSB Type-C
ヘッドホンジャック
オーディオ未確認ステレオスピーカー、Dolby Atmos(ドルビーアトモス)
ハイレゾ未確認
デザイン未確認全体曲面ディスプレイ(パネル全体が緩やかにカーブしたラウンドフォルム)
素材側面:マグネシウム合金フレーム表面:Gorilla Glass 5(3D強化ガラス)、背面:アラミド繊維「テクノーラ」、側面:マグネシウム合金フレーム
74mm73mm
高さ158mm154mm
奥行き8.8mm
重さ143g146g
カラーアストロブラック、ミスティホワイトアドバンスブラック
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

AQUOS zero2

AQUOS zero

売れ筋ランキング
コメント
まーさん (2019年09月28日04:17)
「AQUOS zero」は背面に軽量かつ強度が高いアラミド繊維を採用することで、6インチ以上で3000mAhを超えるスマートフォンで世界最軽量の「146g」でしたが、「AQUOS zero2」はさらに3g軽い「146g」を実現しています。

zeroより3g軽いのにどうしてzero2は146gなの?
コメントを投稿する