ソニー、光学6倍ズームのコンパクトデジタルカメラ「DSC-W810」を3月7日に発売



ソニーは、光学6倍ズームのコンパクトデジタルカメラ「DSC-W810」を3月7日に発売すると発表しました。



「DSC-W810」の特徴
・2040万画素の1/2.3型CCDセンサーを搭載
・35mm判換算で焦点距離26-156mm相当のレンズを採用
・ISO感度、露出補正、彩度をカメラが調整することで、暗くなりがちな室内のパーティシーンなどでも簡単に明るく鮮明なパーティー写真を撮影できるパーティーモードを搭載
画質や動画撮影時の手ブレ補正を向上 デジタルスチルカメラ サイバーショット(TM)計5機種 | プレスリリース | ソニー
3月7日発売予定:DSC-W810 (ブラック)3月7日発売予定:DSC-W810 (シルバー)3月7日発売予定:DSC-W810 (ピンク)
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

売れ筋ランキング