ニコン、4.0段分の手ブレ補正を搭載した交換レンズ「AF-S DX NIKKOR 18–55mm f/3.5–5.6G VR II」を2月に発売



ニコンは、APS-C用の交換レンズ「AF-S DX NIKKOR 18–55mm f/3.5–5.6G VR II」を2月に発売すると発表しました。



「AF-S DX NIKKOR 18–55mm f/3.5–5.6G VR II」の特徴
・35mm判換算で焦点距離27-82.5mm相当。
・4.0段分の手ブレ補正効果を実現。
・従来品との体積比で約30%減(沈胴時)の小型化を達成。
・最短撮影距離0.25m(マニュアルフォーカス時)の近接撮影が可能。
・大きさ、約66(径)x 59.5(長さ)mm。
・重さ、約195g。
Nikon | ニュース | 報道資料:有効画素数2416万画素、本格的な撮影を手軽に楽しめるデジタル一眼レフカメラ「ニコン D3300」、さらに小型軽量化を実現した標準ズームレンズ「AF-S DX NIKKOR 18–55mm f/3.5–5.6G VR II」を発売
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

売れ筋ランキング