「Z50」と「EOS Kiss M」の違い


ニコン「Z50 (Z 50、ゼット・フィフティ)」とキヤノン「EOS Kiss M (イオス・キス・エム)」の違いを比較しました。

「Z50 (Z 50)」はAPS-Cセンサーを搭載したニコンのミラーレスカメラです。ライバル機だと思われるキヤノンの「EOS Kiss M」と外観・スペックを比較してみました。
※2020年7月21日公開のファームウェアVer.2.00で「Z 50」が顔認識AFと瞳AF機能で「犬と猫」に対応しました。

ニコン「Z50」とキヤノン「EOS Kiss M」 1
ニコン「Z50」とキヤノン「EOS Kiss M」の正面比較

ニコン「Z50」とキヤノン「EOS Kiss M」 2
ニコン「Z50」とキヤノン「EOS Kiss M」の背面比較

ニコン「Z50」とキヤノン「EOS Kiss M」 3
ニコン「Z50」とキヤノン「EOS Kiss M」の上部比較

「ニコンZマウント」と「キヤノンEF Mマウント」
「ニコンZマウント (マウント径55mm、フランジバック16mm)」と「キヤノンEF Mマウント (マウント径47mmの予想、フランジバック18mm)」の比較。

外観・デザイン
  • 【サイズ】
    「Z50」は「EOS Kiss M」より、幅が10.2mm、高さが5.4mm、厚みが1.3mm、質量が44g、大きく重くなっています。「Z50」はより大型のグリップ部を採用し、しっかりとカメラをホールドすることが可能です。
  • 【可動式モニター】
    「Z50」は「チルト式」の液晶モニターに対し、「EOS Kiss M」は「バリアングル式」です。「チルト式」は素早く可動することができ、「Z50」はモニターを下側に180°回転させることで自分撮り撮影も可能です。「バリアングル式」は動かす前にモニターを起こす必要がありますが、より可動域が広いフリーアングルで、自分撮り撮影にも対応します。
  • 【マウント】
    「Z50」は「ニコンZマウント」を採用していますが、「EOS Kiss M」は「キヤノンEF-Mマウント」です。「ニコンZマウント」はAPS-C以外にもフルサイズセンサーに対応するため、マウント径がより大きくなっています。「キヤノンEF-Mマウント」はAPS-Cセンサーのみの対応です。キヤノンのフルサイズミラーレス用マウントは「キヤノンRFマウント」です。

機能・特徴
  • 【イメージセンサー】
    「Z50」は2088万画素(23.5×15.7mm)のセンサーを搭載していますが、「EOS Kiss M」は2410万画素(22.3×14.9mm)です。「Z50」は常用ISO 51200・拡張ISO 204800に対し、「EOS Kiss M」は常用ISO 25600・拡張ISO 51200なので、「Z50」はISO感度をより高く設定できます。
  • 【連続撮影】
    「Z50」はAF/AE追従時に約11コマ/秒の連写が可能ですが、「EOS Kiss M」はサーボAF時に約7.4コマ/秒です。AFポイントは「Z50」が209点に対し、「EOS Kiss M」は最大で143点です。AF検出範囲は「Z50」がローライトAF時に「EV -4」、「EOS Kiss M」は「EV -2」なので、「Z50」はより暗い場所でもオートフォーカスが可能です。
  • 【動画機能】
    「Z50」は「4K 30/25/24p」の動画撮影が可能ですが、「EOS Kiss M」は「4K 24p」までの対応です。スローモーション動画は「Z50」が「フルHD(1920x1080) 120fps」に対し、「EOS Kiss M」は「HD(1280x720) 120fps」です。



「Z50 (Z 50、ゼット・フィフティ)」と「EOS Kiss M (イオス・キス・エム)」のスペック違いを比較
製品名ニコン Z50キヤノン EOS Kiss M
発売日2019年11月22日2018年03月23日
予想価格12万円前後7万円前後
シリーズZシリーズEOS(イオス) Kiss Mシリーズ
マウントニコンZ系マウントキヤノンEF M系マウント
センサーAPS-C(23.5×15.7mm CMOS、ニコンDXフォーマット)APS-C(22.3×14.9mm CMOS)
ローパスフィルター○(予想)
ダスト除去機能イメージダストオフデータ取得
画像処理エンジンEXPEED 6DIGIC 8
画素数2151万総画素、2088万有効画素2580万総画素、2410万有効画素
最大記憶画素数5568x3712px6000x4000px
ISO常用: 100-51200、拡張: 204800常用: 100-25600、拡張: 51200
連写AF/AE追従: 約11コマ/秒(14ビットRAW時は9コマ/秒)ワンショットAF時: 約10コマ/秒、サーボAF時: 約7.4コマ/秒
連続撮影可能コマ数RAW: 最大35コマ、JPEG: 最大100コマRAW: 約10枚、RAW+JPEGラージ/ファイン: 約10枚、JPEGラージ/ファイン: 約33枚
オートフォーカス方式ハイブリッドAF(コントラストAF+像面位相差AF)デュアルピクセルCMOS AF(コントラストAF+像面位相差AF)
測距点/AFエリア209点(最大水平約87%、垂直約85%をカバー)143点(対応レンズ時)、99点
測距輝度範囲EV-2~19、ローライトAF時: EV-4~19EV-2~18
ファインダーXGA OLED 0.39型 (約236万ドット/視野率100%/倍率1.02倍/アイポイント19.5mm)カラー電子ビューファインダー0.39型 (約236万ドット)
モニター3.2インチ (104万ドット)3インチ (104万ドット)
サブモニター情報表示パネルなし
可動式モニターチルト(下側180度回転で自分撮り対応)バリアングル
タッチパネル○(タッチ&ドラッグAFに対応)
シャッタースピードメカ/機械式: 1/4000-30秒
フラッシュ同調1/200秒
電子先幕シャッター
電子シャッター
サイレントシャッター
フリッカー対策静止画フリッカー低減撮影
バルブ撮影
セルフタイマー2、5、10、20秒2、10秒
顔認識○(瞳AF対応)○(「ONE SHOT」「顔+追尾優先AF」時に瞳AF対応)
撮影枚数ファインダー: 約280コマ、モニター: 約320コマ静止画: 約235枚、動画: 約1時間25分
RAW12/14bitCR3、14bit
JPEG、RAW+JPEG
TIFF
カメラ内RAW現像○(一括現像も可能)
動画4K UHD(3840x2160) 30/25/24p 最大144Mbps、フルHD(1920x1080) 60/50/30p 最大56Mbps4K(3840x2160) 24p 120Mbps、フルHD (1920×1080) 60p
4K動画の撮影方式クロップなしセンサー中央部の画素をクロップ
ハイフレームレート120/100fps(1920x1080)120fps(1280x720)
ファイル形式MOV、MP4、映像圧縮: MPEG-4 AVC/H.264、音声記録方式: リニアPCM、AACMP4、映像圧縮: MPEG-4 AVC/H.264、音声記録方式: MPEG-4 AAC-LC(ステレオ)
撮影時間29分59秒未確認
ボディ内手ぶれ補正電子手ブレ補正デュアルセンシングIS、動画時:電子手ブレ補正(コンビネーションIS対応)
内蔵フラッシュ
防塵・防滴仕様防塵・防滴に配慮した設計、マグネシウム合金
pictbridge
水準器未確認
英語対応未確認
その他4K撮影時に約800万画素の静止画を撮影可能、4Kを超える(5568x3712)タイムラプスムービー、SnapBridge、回折補正4K切り出し、Camera Connect、回折補正
Wi-FiIEEE 802.11 a/b/g/n/acIEEE 802.11 b/g/n
NFC
GPS
Bluetooth○(4.2)○(4.1)
USB充電○(電源ON時に充電するUSB給電は非対応)
メモリーカードSDXC UHS-Iカードのシングルスロット
AF-ONボタン
126.5mm116.3mm
高さ93.5mm88.1mm
奥行き60mm58.7mm
重さ395g、450g(総重量)351g、387g(総重量)
バッテリーEN-EL25LP-E12
バッテリーグリップ
マイク端子3.5mmステレオミニジャック
インターフェイスマイクロUSB、HDMI(タイプD)
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

Z50

EOS Kiss M

売れ筋ランキング