iPad用のタッチペン(スタイラス)を買ってみました。


iPad用のタッチペン(スタイラス)を買ってみました。

iPad用のタッチペン(スタイラスペン)を実際に使用したレビューやおすすめ種類の違いについて掲載しています。

「iPad」には「Apple Pencil」というApple純正のスタイラスペンが発売されています。しかし「iPad Pro」にのみ対応するため、「iPad Air 2」では使用できません。すでに購入していた先端が太いタッチペンではメモを書くにも少し不便なため、細い線が書きやすい他メーカーのタッチペンを購入することにしました。

現在、発売されているタッチペンには主に4種類のタイプがあります。
1タイプ. 指の操作の代わりになる先端が太いタッチペン。細い線を書くことはできず、電池が不要で安価。
2タイプ. 透明ディスクが先端に付いているタッチペン。細い線を書くことができ、電池が不要で少し安価。
3タイプ. 先端が細いタッチペン。細い線を書くことができ、電池が必要で高価。
4タイプ. 筆圧まで再現できる先端が細いタッチペン。対応するアプリが必要で、タッチペンとiPadの接続が必要。電池または充電が必要でとても高価。

今回購入したのは2タイプ目の、Adonit Jot Miniシリーズ「ADJM2B (タッチペン Jot Mini 2.0 Black)」です。先端部に透明ディスクが装着してある特殊な形状をしています。これは、iPadは先端が細いだけのタッチペンでは反応しないため、透明ディスクにより反応するだけの面積を稼ぐための形状です。ディスクは透明なのでタッチペンと液晶の接触部分が分かって快適に線を書くことが可能です。

それでは購入したタッチペンを開封していきます。価格は2110円でした。
Adonit Jot Mini ADJM2B 1
Adonit Jot Miniシリーズ「ADJM2B」の外観

中身を取り出します。
Adonit Jot Mini ADJM2B 2
Adonit Jot Miniシリーズ「ADJM2B」の中身

作りは良好です。
Adonit Jot Mini ADJM2B 3

キャップがついているので使わない時は収納できます。
Adonit Jot Mini ADJM2B 4
Adonit Jot Miniシリーズ「ADJM2B」のキャップ

先端には透明ディスクとボールポイントが付いています。この透明ディスクがないとiPadは反応しません。
Adonit Jot Mini ADJM2B 5
Adonit Jot Miniシリーズ「ADJM2B」の透明ディスクとボールポイント

先端はボールポイントにより動かすことができます。
Adonit Jot Mini ADJM2B 6

このように透明ディスクがiPadの液晶にピッタリくっついている状態で使用します。ズレていたりすると反応しません。
Adonit Jot Mini ADJM2B 7

実際に使用してみます。想像以上に使いやすく、ボールポイントの動作はスムーズです。
Adonit Jot Mini ADJM2B 8

四角をグルグル書いてみました。とても書きやすいですが、手前の接触部分が少し分かりづらいです。
Adonit Jot Mini ADJM2B 9

最後にひらがなを書いてみました。一筆書きのように続けて描く場合は特に不便なく使用できますが、文字のようにタッチペンを何度も離して書く場合には少し書きづらいと思うことがありました。
Adonit Jot Mini ADJM2B 10

「ADJM2B」は簡単なメモを取る場合や文字を書く時などに十分な性能で、いい買い物をしました。しかし、細かく正確に描きたい場合などにはこの形状の先端では限界があると思いました。ペンタブの代わりにはならないと思いますので、イラストを描く場合は3タイプ目か4タイプ目のタッチペンを購入したほうがいいと思います。本格的なイラストの場合は高価になりますが、4タイプ目のタッチペンを購入したほうがいいと思います。参考になれば幸いです。


ライター:kou
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

タッチペン

スタイラスペン

売れ筋ランキング