キヤノン、13年連続でレンズ交換式デジタルカメラの世界シェアNo.1を達成


キヤノンは、13年連続でレンズ交換式デジタルカメラの世界シェアNo.1を達成したと発表しました。

キヤノン:13年連続でレンズ交換式デジタルカメラの世界シェアNo.1を達成
  • キヤノンは、13年連続でレンズ交換式デジタルカメラ(デジタル一眼レフカメラおよびミラーレスカメラ)の世界シェアNo.1を達成した
  • 2003年から2015年までの13年連続で台数シェアNo.1を達成
  • 2003年に小型・軽量と低価格を実現したエントリーモデル「EOS Kiss Digital」を発売し、市場拡大のきっかけを作るとともに圧倒的世界シェアNo.1を獲得
  • その後もプロフェッショナル機「EOS-1D」シリーズや、デジタル一眼レフカメラによる動画撮影を普及させた「EOS 5D」シリーズなどを発売
  • 2015年には約5,060万画素の世界最高画素数「EOS 5Ds/5Ds R」や、「EOS 8000D」「EOS Kiss X8i」、ミラーレスカメラ「EOS M3」を発売
  • EOSシリーズ向けの交換レンズ「EFレンズ」群は2015年6月に累計生産1億1,000万本を達成し、現在98本の豊富なラインアップを誇る

キヤノンは今年に入って「EOS-1D X Mark II」や「PowerShot G7 X Mark II」などのカメラを発表し、「EOS 5D Mark III」の後継モデルも噂されています。2016年もキヤノンから多くの高性能カメラが登場しそうですね。
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

世界シェアNo.1

売れ筋ランキング