オリンパス、ミラーレスのフラッグシップ機「OLYMPUS OM-D E-M1」を10月に発売



オリンパスは、一眼レフを統合するミラーレスのフラッグシップ機「OLYMPUS OM-D E-M1」を10月に発売すると発表しました。



「OLYMPUS OM-D E-M1」は、コントラストAFと像面位相差AFの2つの方式に対応しているためフォーサーズレンズとマイクロフォーサーズレンズの両方で高速AFが可能。フォーサーズレンズにはマウントアダプターを使用する。オリンパスは、フォーサーズとマイクロフォーサーズのシステムを「OLYMPUS OM-D E-M1」により統合する。

1628万画素のフォーサーズ4/3型Live MOSセンサーを搭載し、画像処理エンジンにオリンパス独自の「ファインディテール処理」を進化させた「ファインディテールII」を採用している。

電子ビューファインダーには、35mm判換算で0.74倍の倍率・236万ドットの高精細を搭載し、表示タイムラグは約0.029秒。

ボディー内5軸手ぶれ補正機構はシャッター速度4段分の補正を実現し、ファインダー内でも補正効果を確認できる。

防塵・防滴機構は、-10℃での動作を保証。荒天や低温、砂塵といった厳しい環境下での撮影を可能にし、オリンパスの一眼で過去最強の対環境性能が誕生させたとしている。

大きさは、約130.4(幅)x 93.5(高さ) x 63.1 (奥行き)mm、443g(重さ)。

販売形式は、
・OLYMPUS OM-D E-M1 ボディー(BCL-1580セット)、市場想定価格145,000円。
・OLYMPUS OM-D E-M1 12-50mm EZレンズキット、市場想定価格170,000円。
・OLYMPUS OM-D E-M1 12-40mm F2.8 レンズキット、市場想定価格220,000円。
http://www.olympus.co.jp/jp/news/2013b/nr130910em1j.jsp


10月上旬発売予定:OLYMPUS OM-D E-M1 ボディ10月上旬発売予定:OLYMPUS OM-D E-M1 12-50mm EZ レンズキット10月下旬発売予定:OLYMPUS OM-D E-M1 12-40mm F2.8 レンズキット10月上旬発売予定:パワーバッテリーホルダー HLD-72013年内:PT-EP11
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

売れ筋ランキング