カシオ、スマホと連携強化「EX-ZR3100」を3月17日に発売


カシオは、スマートフォンと連携強化「EX-ZR3100」を3月17日に発売すると発表しました。

高精細な画像を簡単にスマートフォンに送信・シェアできる“エクシリム” - 2016年 - ニュースリリース - CASIO
  • カシオは、EXILIM(エクシリム)の新製品「EX-ZR3100」を発売する
  • 1210万画素の1/1.7型CMOS(裏面照射型)センサーを搭載
  • 35mm判換算で焦点距離25-300mm相当の光学12倍ズームレンズを採用
  • 進化した「エクシリム オートトランスファー」に対応。連絡先の交換をしなくても画像をシェアできる「ワンタイムシェア」機能、お気に入りの画像だけを選ぶ送信モード、顔検出で撮影した写真だけの自動送信、スマートフォンに送信した画像に位置情報を付加できる機能などを搭載
  • 撮影した一日分のデータをダイジェストにまとめる「ハイライトムービー / ハイライトフォト」機能
  • 手前の被写体から遠くの背景までくっきり撮れる「全焦点マクロ」
  • 価格は5万円前後

EX-ZR3100 (ホワイト)
EX-ZR3100 (ホワイト)
EX-ZR3100 (ブラック)
EX-ZR3100 (ブラック)

基本仕様
焦点距離25~300mm(35mm判換算)
光学ズーム:12倍
デジタルズーム:4倍
センサー1/1.7型
CMOS 裏面照射型
画素数1276万総画素
1210万有効画素
連写30コマ/秒
ISO感度80~6400(標準)
80~25600(拡張)
モニター3インチ
92.16万ドット
シャッタースピード1/4000~30秒撮影枚数425枚
静止画フォーマットRAW:○
JPEG:○
動画フルHD(1920x1080)
30fps
可動式モニターチルト内蔵フラッシュ
ネットワークWi-Fi:○
Bluetooth:○
記録メディアSDカード:○
SDHCカード:○
SDXCカード:○
幅×高さ×奥行き108.3×61.5×36.7mm重さ209g (本体のみ)
249g (総重量)

「EX-ZR3100」は、オリンパスの「深度合成モード」などの機能に近い「全焦点マクロ」搭載されているようです。ピントをずらしながら撮影した画像を合成してマクロから無限遠までピントが合う機能で、使い方によっては便利な撮影ができそうですね。

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

EX-ZR3100

売れ筋ランキング