リコー、初の35mmフルサイズ「PENTAX K-1」を4月下旬に発売


リコーは、ペンタックス初の35mmフルサイズセンサー搭載のデジタル一眼レフカメラ「PENTAX K-1」を4月下旬に発売すると発表しました。

ペンタックス初の35ミリフルサイズデジタル一眼レフカメラ「PENTAX K-1」を新発売|RICOH IMAGING
  • リコーは、ペンタックス初の35mmフルサイズセンサー搭載のデジタル一眼レフカメラ「PENTAX K-1」を発売する
  • 有効約3640万画素の新型35mmフルサイズセンサーを搭載(ローパスフィルターレス仕様)
  • 画像処理エンジンも新型の「PRIME IV」を搭載。14bitのRAW記録や最高ISO 204800の超高感度撮影が可能
  • 5軸対応のボディ内手ブレ補正機構「SR II」により最高5.0段分の補正効果を実現。流し撮り撮影は切り替えなしで自動対応
  • 動体補正機能を備えた超解像技術「リアル・レゾリューション・システム」を搭載
  • 効果のON/OFFや強弱の選択ができるローパスセレクター機能を搭載
  • 自動水平補正や構図微調整、内蔵GPSと組み合わせて簡易天体撮影ができるアストロトレーサー機能を搭載
  • 上下左右や斜めに向きを変えることができる新開発のフレキシブルチルト式液晶モニターを採用
  • 測距AFポイント33点の新AFシステム「SAFOX 12」を採用。中央部25点はクロスタイプ
  • 視野率約100%、倍率約0.7倍の光学ファインダーを搭載
  • 35ミリフルサイズ時の連続撮影は最高約4.4コマ/秒、APS-C時は最高約6.5コマ/秒
  • マグネシウム合金の小型堅牢な防塵・防滴構造ボディ。30万回の耐久テストに耐えるシャッター制御機構を搭載
  • Wi-FiとGPS機能を内蔵
  • デュアルSDカードスロットを装備
  • 価格は27万円前後

正面:PENTAX K-1 ボディ
正面:PENTAX K-1 ボディ

背面:PENTAX K-1 ボディ
正面:PENTAX K-1 ボディ

上部:PENTAX K-1 ボディ
正面:PENTAX K-1 ボディ

フレキシブルチルト式液晶モニター:PENTAX K-1 ボディ
フレキシブルチルト式液晶モニター:PENTAX K-1 ボディ

基本仕様
レンズマウントペンタックスKマウント系センサーフルサイズ
35.9×24mm CMOS
画素数3677万総画素
3640万有効画素
連写4.4コマ/秒
ISO感度100~204800(標準)モニター3.2インチ
103.7万ドット
シャッタースピード1/8000~30秒撮影枚数760枚
静止画フォーマットRAW:14bit
JPEG:○
RAW+JPEG同時撮影:○
動画フルHD(1920x1080)
60fps
可動式モニター内蔵フラッシュ
ネットワークWi-Fi:○
GPS:○
記録メディアSDカード:○
SDHCカード:○
SDXCカード:○
幅×高さ×奥行き136.5×110×85.5mm重さ925g (本体のみ)
1010g (総重量)

ついにペンタックス初のフルサイズデジタル一眼レフカメラが発表されました。ニコンやキヤノンのフルサイズ機と比べると、ボディ内手ブレ補正機能やそれを応用した機能が特徴のようです。フレキシブルチルト式液晶モニターはユニークなタイプで、実際にどのような動作するか気になりますね。

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

PENTAX K-1

売れ筋ランキング