リコー、赤外領域が撮影できる中判カメラ「PENTAX 645Z IR」を2016年1月15日に発売


リコーは、赤外領域が撮影できる業務用中判カメラ「PENTAX 645Z IR」を2016年1月15日に発売すると発表しました。

赤外領域の撮影が可能な業務用中判デジタル一眼レフカメラ「PENTAX 645Z IR」を新発売|RICOH IMAGING
  • リコーは、赤外領域が撮影できる業務用中判カメラ「PENTAX 645Z IR」を発売する
  • 受注販売方式で発売。図書館や博物館、研究機関、官公庁など専門機関向けモデルで、個人利用を目的とする一般ユーザーへの販売はおこなわない
  • 「PENTAX 645Z」をベースに赤外領域の撮影に対応するモデルとして開発
  • 対象物に物理的な影響を与えない「非破壊の鑑定用撮影装置」として専門機関での学術調査や鑑定、鑑識用途に利用できる
  • 赤外線(IR)カットフィルターを外した仕様のカメラ本体と、撮影レンズ前面に可視光カットフィルターを装着することで人の目には見えない赤外波長域の撮影が可能

画素数やサイズなどの基本的な仕様はPENTAX 645Zと同じです。購入には使用条件を規定した「PENTAX 645Z IR使用契約書」を締結する必要があるので完全な業務用カメラのようです。

基本仕様
レンズマウントペンタックス645マウント系センサー中判
43.8×32.8mm CMOS
画素数5299万総画素
5140万有効画素
連写3コマ/秒
ISO感度100~204800(標準)
モニター3.2インチ
103.7万ドット
シャッタースピード1/4000~30秒撮影枚数650枚
静止画フォーマットRAW:○
JPEG:○
TIFF:○
RAW+JPEG同時撮影:○
動画フルHD(1920x1080)
60fps
可動式モニターチルト内蔵フラッシュ
ネットワーク記録メディアSDカード:○
SDHCカード:○
SDXCカード:○
幅×高さ×奥行き156×117×123mm重さ1470g (本体のみ)
1550g (総重量)

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

PENTAX 645Z IR

売れ筋ランキング