ペンタックスのデジタル一眼レフカメラ製品一覧


ペンタックスのデジタル一眼レフカメラ製品一覧について独自にまとめました。

ペンタックスの一眼レフカメラは、シリーズに現在は「645シリーズ」「Kシリーズ」、過去に「*istシリーズ」、交換レンズに「645マウント」「Kマウント」、イメージセンサーに「中判」「APS-C」を使用します。「Kマウント」は、フルサイズとAPS-Cのセンサーサイズに対応し、「645マウント」は中判のセンサーサイズに対応します。2003年9月6日に発売された「PENTAX *ist D」がデジタル一眼レフの初代モデルです。現在は「*istシリーズ」は使われず、「645シリーズ」「Kシリーズ」が使用されています。「Kシリーズ」の初代は2006年7月14日に発売された「PENTAX K100D」です。「Kシリーズ」と「*istシリーズ」はどちらも「Kマウント」を使用します。「Kマウント」は1975年に誕生して以来、フィルムからデジタルに変わり、現在まで使われ続けている長い歴史も持つマウントです。「645シリーズ」は、「Kシリーズ」「*istシリーズ」とは異なり、「645マウント」を使用して中判のセンサーサイズに対応しています。「645マウント」も同様に1984年に使われて以来、フィルムからデジタルに変わり、現在まで使われ続けている歴史が長いマウントです。1984年6月に発売された「ペンタックス645」がフィルム一眼レフの初代で、1997年12月発売の「ペンタックス645N」、2001年10月発売の「ペンタックス645NII」に続きます。デジタルは2010年6月11日に発売された「645D」が初代で、2011年7月20日から9月20日まで受注発売された「645D japan」、2014年6月27日発売の「645Z」で現在に至ります。2016年2月18日には、「Kマウント」で35mmフルサイズセンサーを搭載したデジタル一眼レフカメラ「PENTAX K-1」の発表されました。

中判
通常モデル
赤外線対応の業務用モデル
フルサイズ
2016-04
PENTAX K-1
APS-C
上位機
2015
PENTAX K-3 II

「PENTAX K-3」の後継機
2013
PENTAX K-3

「PENTAX K-5 II/s」の後継機
2012
PENTAX K-5 IIs

「PENTAX K-5 II」のローパスレスモデル
2012
PENTAX K-5 II

「PENTAX K-5」の後継機
2010
PENTAX K-5

「PENTAX K-7」の後継機
中位機
入門機
2015
PENTAX K-S2

「PENTAX K-S1」の後継機
レギュラーモデル
その他のモデル
過去のモデル

※黒枠は現行品、白枠は旧製品・生産完了品です。メーカー公表とは異なる場合があります。
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

ペンタックスのデジタル一眼レフカメラ製品一覧

売れ筋ランキング