ソニー、「α7R II ILCE-7RM2」の最新ファームウェア1.10を10月2日に公開


ソニーは、「α7R II ILCE-7RM2」の最新ファームウェア1.10を10月2日に公開しました。

本体アップデート情報 | デジタル一眼カメラα(アルファ) | ソニー
  • ソニーは、「α7R II ILCE-7RM2」の最新ファームウェア1.10を公開し、10月中旬以降に公開予定のファームウェアについて告知した
  • 【アップデート内容】
    1.撮影シーンによってまれに前ピンになる症状を改善
    2.長秒時NR設定がOFF時の輝点を低減
    3.フラッシュ装着時のHi連写速度を改善
  • 【10月中旬以降公開予定のソフトウェアアップデート】
    1.α7R IIの14ビット非圧縮RAWフォーマット対応
    2.SELP18105Gのズーム操作方向切り替え機能追加

α7R IIより後に発表されたα7S IIは14bit非圧縮RAWフォーマットに対応しているので、α7R IIもファームウェアのアップデートで同様に14bit非圧縮RAWフォーマットに対応するようです。α7R IIは画質を追求したモデルなのでこれは歓迎されそうですね。

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

α7R II ILCE-7RM2

ファームウェア

売れ筋ランキング