キヤノン、1.2億画素の一眼レフカメラや8K映像を開発


キヤノンは、1.2億画素の一眼レフカメラや8Kカメラ、8Kディスプレイの開発を発表しました。

キヤノン:映像表現の可能性をさらに拡大する次世代の映像機器の開発について
  • キヤノンは、8Kカメラや業務用8Kディスプレイ、1.2億画素の一眼レフカメラの開発を発表した
  • 8Kに対応するCINEMA EOS SYSTEMのカメラおよび業務用ディスプレイを開発
  • 8K映像はもちろん8Kから4Kへのダウンコンバートおよび4Kクロップなど、映像制作現場でのスムーズなワークフローの提供に貢献することを目指す
  • EFマウントを採用したCINEMA EOS SYSTEMの8Kカメラは、8,192x4,320(有効画素数約3,539万画素)の高解像度においても60fpsのフレームレート・13 STOP(ダイナミックレンジを表す指標)のハイダイナミックレンジ・表現豊かな広色域を実現
  • 8K超高精細ディスプレイは人間の視認限界に迫る300PPI超の画素密度を実現し、超臨場感を達成
  • EFレンズが装着可能な有効画素約1.2億画素の一眼レフカメラは、あたかも実物が目の前にあるような立体感あふれる質感・空気感・臨場感を再現。トリミングによる部分拡大でも十分な解像感が得られる

CINEMA EOS SYSTEM 8Kカメラ
業務用8Kディスプレイ

キヤノンは昨日、APS-Hサイズ約2億5,000万画素のCMOSセンサーの開発について発表しました。画素は違いますが、1.2億画素の一眼レフカメラの開発は驚きのニュースなので一体どのような画像になるのか気になります。
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

1.2億画素の一眼レフカメラ

8K映像

8Kカメラ

8Kディスプレイ

売れ筋ランキング