富士フィルム、FUJIFILM X-T10」の最新ファームウェアを8月11日に公開


富士フィルムは、ミラーレスカメラ「FUJIFILM X-T10」の最新ファームウェアを8月11日に公開しました。

X-T10のファームウエアの更新:概要 | 富士フイルム
  • 富士フィルムは、ミラーレスカメラ「FUJIFILM X-T10」の最新ファームウェアを公開した

X-T10 バージョン1.01
  • 「XF90mmF2 R LM WR」使用時の「瞳AF」のAF速度向上
  • ファンクション(Fn1)ボタン(初期設定:動画撮影)の操作性を改善
  • JPEG画像の画角差をRAW現像ソフトで現像したJPEG画像と同じ画角になるように変更
    ※下記のレンズを使用したカメラで撮影したJPEG画像がRAW画像をRAW現像ソフトで現像したJPEG画像よりも僅かに画角が狭く写る
    XC16-50mmF3.5-5.6 OIS
    XC16-50mmF3.5-5.6 OIS Ⅱ
    XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
    XF10-24mmF4 R OIS
    XF16-55mmF2.8 R LM WR
    XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR
    XF18mmF2 R、XF27mmF2.8
  • Windows10に対応

「FUJIFILM X-T10」は、1630万画素のAPS-CサイズX-Trans CMOS IIセンサーを搭載したミラーレスカメラです。このファームウェアに更新することで、Windows10のパソコンとUSBケーブルで接続して画像を転送する際に不具合が出ないようになります。

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

FUJIFILM X-T10

ファームウェア

売れ筋ランキング