エレコム、4K対応のVRカメラ「OMNI shot」を12月下旬に発売


エレコム、4K対応のVRカメラ「OMNI shot」を12月下旬に発売

エレコムは、4Kで360°映像が撮影できる「OMNI shot (オムニショット) OCAM-VRW01BK」を12月下旬に発売すると発表しました。

[News] 2000万画素CMOSセンサー2基を搭載し、4K画質の美しい360°映像を撮影できる!生活防水対応4K VRカメラ“OMNI shot”を発売
  • エレコムは、「OMNI shot (オムニショット) OCAM-VRW01BK」を発売する
  • 水平・垂直方向の全方位360°を撮影できるVRカメラ
  • 2000万画素CMOSセンサーを2基搭載
  • 静止画は24.5M相当(7008x3504)、動画は4K(3840x1920) 30fpsに対応
  • 4つのビューモード「パノラマモード」「ジャイロモード」「スワイプモード」「VRモード」に対応
  • Wi-FiやBluetooth 4.0機能を搭載
  • 専用アプリ「OMNI shot」でスマートフォンから本体を操作したり、360°映像をライブ配信可能
  • 最大32GBのmicroSDHCカード(Class10、UHS-I)に対応
  • 雨水や汗など生活防水から保護する「JIS防水保護等級4(IPX4)」相当の防水性能に対応
  • サイズは幅35mm×奥行き34.8mm×高さ94mm、質量76g

価格は7万円前後です。リコーの「RICOH THETA」に似ている外観ですが、「OMNI shot」のほうが本体に厚みがあって液晶部分が搭載されているのを確認できます。使い勝手で両機にどのような差があるのか気になりますね。
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

OMNI shot

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する