『一眼レフの頂点』 D800E ボディのレビュー


D800E ボディ

3630万画素のフルサイズFXフォーマットCMOSセンサーを搭載、ローパスフィルターの効果を抑制したニコンのデジタル一眼レフカメラ。

価格 :
¥136,800 (±0円 チャート 価格グラフ )
総合評価 : 5 (1)
発売日 :
2012年04月12日
メーカー
ニコン
仕様表 :
JAN/EAN :
4960759131720
総合評価:
 5 (1人)
全て(1人) 、5点(1人) 、4点(0人) 、3点(0人) 、2点(0人) 、1点(0人)
 5

【画質・動画】
レンズ性能を最大限にまで引き出す化け物です。大三元で女性の撮影はできませんね。産毛から肌のカサカサまで等倍で見れば完璧にとれてます。画質でもう1つ驚いたのはノイズが画素数の割にはあまりでないように見えるところです。ISO1600くらいからノイズは多くなりますがそこまで気になりません。ISO3200はノイズリダクションしたほうがいい画質ですがそこまで酷くありません。ISO6400くらいが使える上限かと思いますが画質が破綻するレベルではなく、この画素数でここまで感度がいいのかと驚かされました。高感度ノイズ低減は強めに設定することをおすすめします。

【機能性】
DXクロップモードはいいですね。D800EのCH連写モードでは間があるために心地よい連写にはなりませんが、DXモードにするだけで連写コマ数が増えるので体感して違いがわかります。バッテリーグリップをつけるとさらにコマ数が増えて気持ちのいい連写機になります。DXモードは全エリアがフォーカスできるエリアになるようなものですし、画素も十分なので非常に使える機能です。

【ディスプレイ】
個人的に液晶カバーは傷だらけになるし見にくいので保護フィルムを貼っています。傷もつきませんのであそこまでのカバーは必要ないのではと思います。撮影した画像は等倍で確認するのですが、もっときめ細やかに表示できるようになればいいですね。

【デザイン】
キヤノンとは対照的なボタンが多くゴチャゴチャしたデザインは機械を操作している感があり、とても気に入っています。

【操作性】
操作は慣れれば便利です。ただイメージセンサークリーニングを使おうを思った際に項目が選択できず、なぜだろうと思ったらバッテリー容量が十分ではなかったと分かりました。これは説明書がないとわかりづらいので本体にもそのような項目が選択できない理由を表示されてほしいです。

【バッテリー】
ファインダーで撮影する限りいいと思いますが、ライブビューにするとバッテリーの消費量が非常に多いです。ここはとても気になりました。

【携帯性】
ちょっと重いです。レンズのバランスを考えてももっと軽くなれば軽快に撮影できると思います。

【価格】
安い買い物ではないですが、これだけの気合が入ったニコンのカメラですので妥当な金額ではないでしょうか?満足しています。

【改善点】

【総評】
ただ無駄に画素数を増やしたカメラではなくバランスがとれた素晴らしい写真が撮影できます。こんなに満足できるカメラはなかなかありません。
購入者さん (2013年06月27日02:51)
参考になりましたか?
対応商品:D800E ボディ
カメラ総合 売れ筋ランキング

最新レビュー