『なるほど』 多重人格探偵サイコ 10のレビュー


多重人格探偵サイコ 10のレビュー

多重人格探偵サイコ 10

政界の頂点に立つ鬼干潟に反旗をひるがえし、国会を襲撃して国政をパニックに陥れた西園弖虎。雌伏の後、再び姿を現した弖虎は、ガクソが「スペア」と呼ぶ人間を探し、次々と襲う。その目的は? 「スペア」とは何を意味するのか? そして、敵対する元警察キャリア・鬼頭との共闘の行方は? 衝撃のショッキング・サスペンス、いよいよ第10巻!!

価格 :
¥108
総合評価 : 3 (1)
発売日 :
2004年09月26日
出版社
角川書店
仕様表 :
ISBN-13 :
9784047136618
ISBN-10 :
4047136611
総合評価:
 3 (1人)
全て(1人) 、5点(0人) 、4点(0人) 、3点(1人) 、2点(0人) 、1点(0人)
 3

ガクソがどういう組織で何を企んでいるのかがサラッと明かされます。
遺伝子書き換えによる日本民族の純粋化がしたいらしいです。
人種改良自体は面白いテーマだとは思いますが、話しを広げすぎててどうもピント来ません。

長い期間にわたって伏線をたくさん投げすぎると、どうでもよくなって理解しようとする気がなくなってくると思います。
伊園磨知が覚醒するらしく、また内容が複雑になりそうです。
jojoさん (2014年12月09日15:02)
参考になりましたか?
対応商品:多重人格探偵サイコ 10
売れ筋ランキング
最新レビュー