富士フイルム、フルサイズクロップモードを追加する「GFX 50S」の最新ファームウェアを公開


富士フイルムは、「GFX 50S」と「H MOUNT ADAPTER G」の最新ファームウェアを3月13日に公開しました。

GFX 50S のファームウエアの更新
マウントアダプター H MOUNT ADAPTER G のファームウエアの更新
  • 富士フイルムは、中判カメラ「GFX 50S」とマウントアダプター「H MOUNT ADAPTER G」の最新ファームウェアを公開した
  • 【GFX 50S バージョン3.00】
    - 「フォーカスブラケット」機能の追加
    - 「35mmフォーマットモード」でのクロップ撮影機能の追加
    - GFX 50S用アクセサリー「H MOUNT ADAPTER G」のアップデート
  • 【H MOUNT ADAPTER G バージョン1.10】
    - 新たに動作確認を実施した「HTS 1,5 TILT AND SHIFT ADAPTER」に対応

「35mmフォーマットモード」はマウントアダプターでフルサイズ用レンズを使用する場合など、中央部のみをクロップしてJPEGとRAWで記録できるモードです。「GFX 50S」の活用の幅が広がりそうですね。

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

GFX 50S

H MOUNT ADAPTER G

ファームウェア

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する