キヤノン、「EOS 5D Mark IV」の不具合改善ファームウェアVer.1.0.4を4月13日に公開


キヤノンは、「EOS 5D Mark IV」の最新ファームウェアVer.1.0.4を4月13日に公開しました。

キヤノン:ダウンロード|EOS 5D Mark IV ファームウエア Version 1.0.4
  • キヤノンは、「EOS 5D Mark IV」の不具合を改善する最新ファームウェアVer.1.0.4を公開した
  • Bulbや長秒時の撮影で、撮影した画像の中央下部に赤い光が写り込むことがある現象を修正
  • AFするタイミングによってはAFが動作しないことがある現象を修正
  • カメラとSDカードの通信の信頼性を向上

「EOS 5D Mark IV」は3040万画素のフルサイズCMOSセンサーを搭載したキヤノンのデジタル一眼レフカメラです。デュアルピクセル CMOS AF・タッチパネル・DPRAWに対応しています。

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

EOS 5D Mark IV

ファームウェア

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する