【Lightroom】白飛び・黒潰れを確認する方法


【Lightroom】白飛び・黒潰れを確認する方法

Adobe Photoshop Lightroomで白飛び・黒潰れを確認する方法について掲載しています。

Adobe Photoshop Lightroom(アドビ フォトショップ ライトルーム)では、現在表示している画面の白飛び・黒潰れ(黒飛び)情報がヒストグラムから簡単に確認できます。白飛び・黒潰れがない画像を現像する際に役に立ちます。

(Note・・・WindowsとMacではキーが違います。Windowsの「Ctrl」はMacの「command」、Windowsの「Alt」はMacの「option」、Windowsの「Enter」はMacの「return」になります。)

白鳥の画像の白飛び・黒潰れ情報を確認します。写真を「ライブラリ」画面で取り込んだら、次は右上の表示から「現像」画面をクリックします。
白飛び・黒潰れを確認する方法 1

右上にヒストグラムが表示されるので、両端にある「△マーク」をクリックします。左側が「シャドウのクリッピングを表示」、右側が「ハイライトのクリッピングを表示」です。クリックすると白色の枠が表示されます。
白飛び・黒潰れを確認する方法 3

「シャドウのクリッピングを表示」をクリックすると、黒潰れの箇所が青色で表示されます。
白飛び・黒潰れを確認する方法 4

「ハイライトのクリッピングを表示」をクリックすると、白飛びの箇所が赤色で表示されます。
白飛び・黒潰れを確認する方法 5

どちらも同時表示が可能です。
白飛び・黒潰れを確認する方法 6

黒潰れを補正する場合は「シャドウ」や「黒レンズ」のバーを右側に、白飛びを補正する場合は「ハイライト」や「白レベル」のバーを左側に移動するなどします。
白飛び・黒潰れを確認する方法 7

参考になれば幸いです。
ライター:kou
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

Adobe Lightroom

白飛び・黒潰れ

交換レンズ 売れ筋ランキング

コメント
コメントを投稿する